この日本大学の名誉教授って誰なんですか? 『日本大学の名誉教授が指

この日本大学の名誉教授って誰なんですか? 『日本大学の名誉教授が指定暴力団山口組の元幹部から海外での投資に充てる資金として2000万円を借り、今も返済していないことが、分かりました。日本大学は「教育に携わる立場にもかかわらず極めて遺憾だ」として、名誉教授が担当している大学院の授業を休講にするとともに内部調査を進めています。
これは、金銭トラブルを巡って山口組のナンバー3だった元暴力団組長がさいたま地裁越谷支部に起こした民事裁判の中で明らかになったものです。
裁判記録によりますと、日本大学の77歳の名誉教授は、去年8月、この裁判に元組長側の証人として出廷し、10年ほど前、海外での投資に充てる資金として、当時、現役だった元組長から2000万円を借りたと証言していました。
名誉教授は取材に対し、金を借りた相手が山口組の幹部だと認識していたとしたうえで、「日頃からつきあいがあり、軽い気持ちで借りた。これまで返済を求められていないので借りたままだが、そのうち返すつもりだ。反社会的勢力だからすべてが悪いというのはおかしいと思う」と説明しています。
名誉教授は現在、大学院法学研究科で英米法などの授業を担当しているほか、総務省の委託を受けて国の機関に対する国民の苦情や相談に応じる行政相談委員の東京の協議会会長も務めています。
日本大学は、本人への聞き取りで元組長からの借金が確認できたとして、9日までに大学院で担当している授業を休講にする措置を取りました。そのうえで、内部調査を進めることにしていて、「大学で教育に携わる立場にもかかわらず暴力団関係者と交際していたことは極めて遺憾だ。さらに詳細に事実関係を確認し、厳格に対応していきたい」としています。
日本大学の名誉教授に2000万円を貸していたのは西日本に本部を置く山口組系暴力団の初代の組長で、現在82歳です。関係者によりますと、現役当時は資金力が強く、企業経営者などを集めて不動産取引や投資話の会合を頻繁に開く「経済ヤクザ」として知られた存在だということです。また、警察関係者によりますと、山口組の組織内では、5代目組長の時代に「中四国・九州ブロック長」を、平成17年に6代目組長の体制になって以降は「組長」「若頭」に次ぐナンバー3の「顧問」を務め、3年前、高齢を理由に引退しました。
裁判記録には、日本大学の名誉教授が山口組の幹部だった元暴力団組長から2000万円を借りた経緯などが詳しく書かれています。
去年8月に行われた証人尋問で、名誉教授は『元組長からお金を借りたことはありますか』と弁護士から質問され、『あります。2000万円』と答えたうえで、「海外の案件なんです。お借りしてその経費として使わせていただいた」と述べ、投資目的の借金だったとしています。
また、借りた時期について、裁判官から『10年以上前ですか』と尋ねられると、『そのくらいになります』と答え、返済については『まだ具体的に始まっているわけではない』と述べて、全く返済しないまま借り続けていることを明らかにしました。
さらに、借用書について、『私から進んでお金を借りる以上、いくら友人の間でもきちんとしておきたいと申し上げ、みずから書きました』と説明していました。
裁判記録では、元組長が裁判の原因になった別の投資話を知人に持ちかけられた場に名誉教授が同席していたとされ、この理由について、元組長は法廷で『私より知識が高いと思っているから。名誉教授の肩書きから言ってもそうなので立ち会ってもらった』と証言していました。
日本大学の学生からは批判や戸惑いの声が聞かれました。
法科大学院3年の男子学生は「法律に携わる者がそういった金に絡んだのはよくない。暴力団などの反社会的勢力に関する判例も積み重ねられているなか、そういう金のやり取りがあったことについて大学側は事情を聞いてしっかり調べてほしい」と話していました。また、法学部3年の女子学生は「ショックです。山口組とはびっくりです。なぜそういう人が名誉教授になっているのか、監視の目はなかったのかと思う。信頼が持てないので、大学には教授1人1人を調べてほしい」と話していました。
また、名誉教授の授業を受けたことがあるという大学院の女子学生は「とても優しく授業も分かりやすかった。豪快でパワフルないい先生だったので信じられない。うそであってほしいが、本当ならショックだ」と話していました。』
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

日本大学の教授の経歴を持つ山岡永知 が なぜ、
暴力団幹部から2000万円 もの大金を借りたのでしょうか?
.
————-
山岡永知日大名誉教授は
1・ 2000万円を借りた十数年前から 今日まで返済請求が
無かったから 返済していない と述べています
2・大石組組長からは 借用書は求められなかったが、友人とはいえ
2000万円 もの大金なので自分から借用書を書いた
と述べています
.
山岡は、フィリピンの穀物事業への出資を募る投資顧問会社の
代表を務めていました。この会社は顧客に「元本は絶対保証」
「配当は毎月もらえる」などと 虚偽の説明をしたとして、
2012年10月、関東財務局から金融商品取引業者の免許を
取り消されるとともに業務改善命令を受けました。
.
大石誉夫 山口組 大石組組長 渡辺芳則五代目組長 の No.3
の大幹部で ある 若頭補佐でした
岡山 暴力団大石組 関係 の不動産会社
株式会社 大石組
.
大石誉夫 大石組組長は 山岡永知日大教授とグルになって
投資詐欺 を繰返していたのです 大石誉夫に取って
山岡永知 日大教授は 暴力団の色彩を薄め
法律の専門家 として 顧客に箔付けの意味があったのです
.
したがって 2000万円は 大石誉夫から 山岡永知日大教授への
贈与だったのです
税金の知識が豊富な 山岡永知日大教授は贈与説を
免れるために 借用書を書いたのです 大石誉夫には返済など
してもらう積りは 全く無かったのです
山岡永知日大教授も返済する積りなど全く無かったのです
.
二人の関係は
朝鮮総連本部売却で 詐欺罪に問われた 緒方重威元公安調査庁長官と
不動産会社「三正」の満井忠男の関係と ソックリです
山岡永知にとって 大石誉夫はいい人だったのです
緒方重威にとって 満井忠男はいい人だったのです
◆「日本大学・名誉教授・77歳」というキーワードから既にネットでは「山岡永知」という方の情報がありますので、間違いないと思います。
しかし暴力団から借金して「反社会的勢力だから悪いというのは、おかしい。」という開き直りに、「(借金した組長は)いい人だ。」と寝ぼけた言い訳まで。
もはや「何が悪いのか?」の判別が出来ない奴は、日大から追っ払われることが決定的。
もちろん名誉教授の資格も、剥奪でしょう。
何が悪いのか分からないバカジジイに、居場所はありません。


コメント