群馬県の、 倉渕は、 小栗上野介の領地で 徳川埋蔵金があると 言われ

群馬県の、
倉渕は、
小栗上野介の領地で
徳川埋蔵金があると
言われたところらしいが、
徳川の埋蔵金とはいったい何、
小栗上野介は
徳川の埋蔵金に
どの様に関わったのか?
ご回答の ほど、
お待ち申しております!
関連質問、
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

小栗は勘定奉行として幕府の財政部門を預かっていたので、鳥羽伏見のあと江戸城での会議で主戦論を唱えたが聞き入れられず領地の権田村に引き上げるときに江戸城から持って出たとされる幕府公金のことでしょう。しかし当時の江戸城には金はありません。薩摩が起こした生麦事件の賠償金、薩摩の償い金の立替、長州の下関戦争の講和賠償金などは金がなくて分割払いにしてもらったほどです。大坂では慶喜が幕府の戦費として大坂の豪商今井家から15万両を借りるなど、借金だらけです。埋蔵金などあるはずがないのです。
◆知恵袋では小栗(徳川)埋蔵金の評判が悪い。
悪い原因は家康埋蔵金と小栗埋蔵金は同じなのに、これを2つに分けたからだ。
小栗は家康の金無垢像の噂を流した。即ち、小栗は家康の埋蔵金を日光(?)から赤城山に移し替えたと噂を流している。(埋蔵金は1つ)
それを、小栗が江戸城御金蔵から流用した、とTBSが糸井重里を使って報道したからだ。(埋蔵金は2つ)
小栗には江戸城御金蔵に金がないから、軍資金埋蔵の噂を流す必要は無い。
しかし、小栗が埋蔵金を発見していたら、金を薩長から守るために金移動の噂を流す必要が生じる。(理由。いずれ、薩長に暗号文「かごめ」を渡さなければならない。そうなれば、いずれ暗号文は解読されて金は奪われる。)
故に、小栗が家康埋蔵金を移動していれば、権田村にあるかもしれない。


コメント