電車賃中央線と京王線はなんであんなに利用金がちがうの? 八王子=新

電車賃中央線と京王線はなんであんなに利用金がちがうの?
八王子=新宿=(東京)
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

まず経営母体が異なるからです。
JR(中央線)は、昔は国営の「国鉄」でしたが、全国に路線を多く作り過ぎた為、赤字におちいり、民営化しました。
ただし、この赤字というのは、地方等のローカル線であり、都心の電車はそれに巻き込まれた結果です。
また民営化したとはいえ、私鉄とは違い、現在でも国の管理下である為、容易に料金を下げることができません。
民営後も2000年初期までは国の厳しい法律下の為、容易な改正は難しかったのですが、一部のJRグループを除き、法は改正されて、完全民営化されましたが、それでも現在、また法律上での規制があります。
また、中央線というくくりではなく、JRという運賃の為、中央線だけ下げるということが出来ません。
京王線は、最初から私鉄です。
東「京」方面から八「王」子方面に行く電車として、運行している鉄道事業者です。
ちなみに井の頭線も京王線の部類ですが、元々は別の会社で、合併吸収した形です。
最初から私鉄で、国が関わらないちゃんとした会社ですから、きちんと利益は出していた優良な会社だと思います。
まだ京王線の線路が、いまみたいにほとんど高架台で走っていた時代ではなく、地面を走っていた時代がありました。
しかし、踏切等での渋滞問題があり、早急に高架台化したのが京王線です。
当時、実は工事費算出として、銀行や国から借りるのではなく、一時的な運賃値上げとして工事として上乗せしました。
しかし、工事終了後は大幅値下げとしてお客さんに還元しました。
それぐらい、利益も出せて、有能な私鉄と言えます。
さてJR化した中央線ですが、基本JRは距離で運賃計算をするのは、国鉄時代から変わっていません。
その部分が「割高」と思われる一因ですが、実は中央線はJR路線の中でも優遇されている料金体系です。
都心等の利用客が見込まれてる区間に対しては「電車特定区間」という割引運賃があります。
山手線内等はこの区間になるので、割安となります。
中央線の場合、山手線区間内だけではなく、新宿~高尾までも含まれているので全て特定区間です。
※正確には神田駅 – 代々木駅、新宿駅 – 高尾駅間が特定区間です。
ですので、JRの中でも安い料金です。
ただ、JRとして正式な距離運賃があるわけですから、残念ながら京王線並の料金には出来ないということです。
まぁそれと、中央線自体、非常に混んでいる路線ですから、わざわざ料金下げる必要があるほど経営が切羽詰まっていないこともあります。
それとJRは私鉄に比べて、定期券の割引率が高い傾向があります。
さすがに下回ることはないですが、6ヶ月定期などにするとかなり差は縮まります。
◆原因は昔の国鉄にあるようです。
大不況、デフレ経済の今では運賃値上げの話は影を潜めておりますが、昔はしばしば料金の値上げがありました。
JR線と他の民鉄線との料金格差が問題となったのは、もう遥か昔の国鉄の時代からのことです。
慢性的な赤字のローカル線を沢山抱えた国鉄では、利益確保の為に毎年の様に運賃値上げをせざるを得ず、民鉄と並行している路線では気がつくと大きな格差が出来てしまいました。国鉄の料金値上げも、JRとして民営化されたことでやっと歯止めが利きましたが、一度上がったものを下げることはありませんでした。
◆JR東日本はとんでもないローカル線を含めて経営しているのに対し、京王は大都市の人口過密地域のみを経営し「寝てても儲かる商売」をしているから。
JR東日本は京王の出方を見て、ほかの区間の乗客が怒らない程度に値引きした特別の廉い運賃を設定するしかありません。
京王はJR東日本の少し下の運賃にしておけばいいんです。本当は京王はもっと下にできる筈ですが、JR東日本より割安感があれば乗客は怒らないので儲けを乗せているわけです。


コメント