株や投資信託を始める時、mrfを買わされますが、あれはなぜなんですか

株や投資信託を始める時、mrfを買わされますが、あれはなぜなんですか?
預金者からすると普通預金でもいいような気がします。運用ではなく流動性が欲しいわけですから、むしろ金利がほぼ0で も元本保証されてる普通預金のほうが良い気もします。
新たに法人が普通預金を供給するには制度や設備上問題がありそうですね。
例えばグラススティーガル法のように商業銀行と投資銀行を分けなきゃいけない関係でダメなのか…普通預金を供給しようとすれば、預金保険機構に加入しないといけないからダメなのか…
まぁそんな感じで供給側の事情を想像してるんですが、実際どうなのでしょう?
正直面倒なので、普段使ってる普通預金口座から株買えればいいのになと思います(nisa使ってるので当面mrf使いますが…)
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

私はこう考えています。貴殿の参考になれば幸いです。
MRF口座を作れるのは、資金力のある大証券会社だけです。
銀行は“お金自体を運用する”のが業務です。そこで預金者に「普通預金口座」を設けていて、入出金・管理には便利です。
一方、証券会社は“證券自体を運用する”のが業務です。証券の売買では必ずお金が付随する為、普通預金口座のような機能がどうしても必要です。
そこで「一口一円の投資信託=MRF」を作ったのです。つまり投資者が入出金する事を、MRFを売買する事に置き換えたのです。これで銀行の普通預金口座と同様の機能を実現したのです。
銀行の普通預金口座は無資金で作れます。一方、MRFは投資信託ですからそれなりの投資資金が必要です。だから資金力のある大証券会社(野村、大和、日興など)でないとMRF口座は作れず、小さな証券会社(ネット証券など)はMRF口座を借りるしかないのです。
なお、普通預金口座(銀行業務)から証券は購入(証券業務)できません。ただし投資信託は最近、銀行でも買えるようになりました。ー以上ー


コメント