四国お遍路巡りをしたいと思っております。19歳、女です。 神社が大

四国お遍路巡りをしたいと思っております。19歳、女です。 神社が大好きでずっとお遍路巡りをしたいと思っていた事、今年成人し社会的には大人になるという事もあり一人お遍路巡りに挑戦するいい機会かなと思いました。
紅葉が綺麗な秋頃に一週間~十日を予定しています。
交通手段は主にレンタカー、宿泊はお遍路宿を利用したいと考えています。(宿は当日予約、最悪車内泊)
食事や宿にお金をかけるつもりはありません。
東京から飛行機で四国までの飛行機代も合わせて20万でまわれるでしょうか。
秋までにネットや本で計画を立てて行きますが、まわり具合によって1~2回でまわる予定です。
また、お遍路巡りをするならせっかくなので巡礼衣装を着たいと考えていますが、すげ傘、白衣だけでも大丈夫でしょうか。中途半端に巡礼衣装を着るなら着ない方が良いのでしょうか。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

6年前、高校生の時自転車で遍路やってました。
車遍路の場合、菅笠はいりません。かさばるだけです。11月ごろだとそんなに日差しも強くないので帽子程度で結構です。
で、最初に言っておくと、必ずナビは借りること。遍路協会が発行する車用地図だけでは不十分。
あと、標高の高いお寺(焼山寺・横峰寺・雲辺寺)は路面凍結の可能性もあります。
秋に焼山寺行った際、山頂は氷点下1度で、路肩の落ち葉は凍っていました。横峰はさらに標高が高いうえ、狭隘なので特に注意。
また、太龍寺・雲辺寺・八栗寺はロープウェイ(ケーブルカー)を利用します。
これだけ言えるのは、山寺は基本的に悪路、狭隘、急坂です。日頃から狭隘路を走っておかないと泣くことになります。山道で譲るために後退したりするの当たり前です。
>>宿は当日予約
この時期は取れない場合がある。
現に自分も秋の3連休行って取れなかった宿があった。
私のやり方は、その日行けるであろう目的地を朝、宿を出るときにあらかじめ決めておき、昼前にもう一度確認してかなり目的地が離れた(特に最初考えていたよりも先まで行けそうという場合)場合は改めて宿を探し、電話します。
僻地でないかぎり宿はあります。市内中心部だとビジネスホテルもあります。
>>最悪車内泊
やめておきましょう。私も野宿だけは避けました。
一度泊まる場所が本当になくて、近くの警察署へ行って泊まれる場所探してもらったことがあります。
>>衣装
白衣だけで結構です。
私は半袖白衣だけ持ってました。杖なんかもいらないし、笠も不必要。わげさはあってもいいですが、若い女性にはちょっと・・・といった感じです。安く抑えるなら白衣も必要ないです。
ただ、記念に20番鶴林寺と、39番延光寺で白衣にもご朱印もらってください。「鶴亀」になって縁起がいいです。私の白衣もそうしてます。
で、納経帳は購入しましょう。今年は開創1200年祭で特別なスタンプと御影(おみえ)(通常の白色のものとあわせて朱色のもの)をいただけますので。1ケ寺300円で、×88+α(番外寺(御厨人窟みくろど十夜ケ橋とよがはし・文殊院等))
ちなみにといってはなんですが今学生さんですかね?
学生ならもしかするとビジネスホテルで学割あるかもしれないですが、基本的に学生だからと言って特典はなかったです。
あと、今自分もバイクで暇なときに回っています。納経ですが、増税は関係ありません。なぜかというと話長くなるのでやめますが「宗教活動」の一種でおまもりも非課税なのと一緒です。
他にもわからないことあれば聞いてください。
成田からだと松山・高松であればジェットスターが就航しています。
特に注意が必要なのはパンクとガソリン。
自転車(マウンテンバイク)でやってて2度パンクしました。
車でパンク修理とは言いませんが、単独でスペアタイヤに交換できる知識と体力は必要です。
時間あれば親御さんに教えてもらってください。万一パンクしたら泣き寝入りですよ。
スペアタイヤがない車種は、緊急用の封入式修理キットがあります。これの使い方も習っておくべき。
あとはガソリン。特に高知県東洋町ー室戸市の間はコンビニはおろか自販機もないような道。もちろんGSなんかもないです。徳島ー高知県境(徳島から行くとトンネル抜けて右側)にエネオスがあるのでそこで給油してください。
民宿だと1泊7000円で泊まれます。高くても9000円以内です。安く抑えるなら都市部ではビジネスホテルですね。
◆車ということで荷物制限がないので・・・お遍路必須の菅笠、白衣、金剛杖は持っていってもいいのではないでしょうか?
輪袈裟もすると尚よいでしょう!(正装にあたるので)どうせならズボンも白のお遍路衣装にしてみてもよいかと・・
数珠もあったほうがよいですね!
もちろん質問者さまの自由なのですが、省くとしても輪袈裟と数珠は装備していたほうがよいかと思います。
私ごとですが、上下白のお遍路さんを見かけるとやはりいいものでしたよ・・
そして金剛杖はお大師さんですので・・やっぱり・・といったところでしょうか?
◆「神社が大好き」なのにお遍路?
お遍路は寺ですよ
◆菅笠、白衣だけでも全然OK。
白衣を着ているととりあえず遍路扱いされる。
極狭な道もありますから運転には十分注意が必要です。
◆手元のガイドブック「るるぶ四国八十八ヶ所」掲載のモデルコースでは車遍路が四国内だけで12日間になっています。「四国内だけで」というのは初日朝から最終日夕方までという意味も含みますが、最後に高野山へ行く必要があるからです。そのモデルコースの予算は遍路宿想定の1泊2食6,500円。宿の食事を除く飲食費1日1,000円として遍路用品と納経料、レンタカー・ガソリン込みで20万円弱になっています。
※遍路宿や宿坊のほか、ビジネスホテルや公共の宿に通常プランより安い「お遍路さんプラン」があり、遍路宿と同程度の予算で泊まれる場合もあります。また最近は遍路宿より安いゲストハウスもあるので、適宜選択してください。
往復の交通費は含まれませんが、成田空港から高松空港と松山空港にLCCが就航しているので、日によっては飛行機代が往復1万円前後で済む可能性があります。一番札所から始めるならジェットスターと春秋航空を合わせて1日4往復の便がある高松空港で、八十八番札所も近いので高野山へは別途行くことにすれば帰りも便利です。
急げば10日以内に短縮できるようなので、宿泊費と飲食費予算が減って総予算はご希望の20万円で足りる、ということになります。、
なお、巡礼衣装は菅笠と白衣よりも輪袈裟と念珠が優先されると思います。巡礼用品は通販でも買えるし東京にも取扱店があるようですが、一番札所門前ほか四国内各所で買えます。
追記
menkun347さんがナビに触れていたので、ナビ標準装備のローカルレンタカーの情報をお知らせしようとその会社の公式サイトを見ると、「お遍路女子」という特集ページがありました。大手に比べて知名度などの点で不利な分いろいろなセールスポイントを考えているようですが、ナビ標準装備や軽自動車やリッタークラスの乗用車の保有台数が多いなどの特徴がある会社です。その路線の延長だと思いますが、お遍路ドライブマップレンタル無料、お遍路5点セットレンタル1,080円を用意しているのには驚きました。なお、モデルプランの詳細が前半の徳島県と高知県だけですが、おそらく今後後半2県も載るでしょう。また、掲載されているLCCがジェットスターだけですが、6月末から春秋航空が参入して秋には1日2社4往復になっています。
一部訂正です。
私が見た「るるぶ」は2011年発行なので、今は当時よりガソリン代が大幅に値上がりしています。燃費がいい小さい車でも20万円以内に収めるには工夫がいるかもしれません。
◆お遍路とは
弘法大師の歩いた道をなぞる事であり「同行二人」とは弘法大師の心と一緒に歩いている。との意味です。
女子単独で歩いて居られる方も居られました。
多くは車ですが、自転車も居ます。
ツアーも在りますが13泊だそうです。
車中泊なら最低7日、
7時開門、17時閉門です。
レンタカーの中でお寺さんの駐車場で寝れば良いと思われます。結構多かったです。
「一国うち」と言いまして4回に分ける方も多いです。
巡礼衣装は何らかの一点を身に付ければ良いです。
納経帳等は一番霊山寺で購入できます。
最後は和歌山県の高野山です。行く価値は在りますが、いずれ世界遺産に指定されるでしょう。
旅の安全をお祈りいたします。


コメント