大学の第二種奨学金について教えてください。 大学に行くにしても、私

大学の第二種奨学金について教えてください。
大学に行くにしても、私立医療系 ( 医学部医学科・薬学部薬学科など ) は入学時に1000万円以上かかる所も在ります。 家が金持ちとかであれば自力で捻出できるでしょうが、貧しい家庭に生まれた人などの場合、とても自力で工面できる額ではありませんよね。
学費が比較的安い国公立に入れれば良いでしょうが、成績がそこまで高くなく、学力的に上述したような金額が掛かるような私立しか合格できなかった人の場合、奨学金を借りて進学することになります。
第一種奨学金は成績優秀者を対象とする無利子の奨学金ですよね。
第二種奨学金は成績不問で誰でも借りられる有利子の奨学金と聴きました。
そこで質問です。
例えば、薬剤師になりたい人が私立薬学部薬学科に合格したとします。
例えば、私立薬学部薬学科 ( 薬剤師養成課程 = 6年制 ) に進学すると、その大学のレベルにもよるが、卒業までに掛かる金額は普通で1000万~
1200万円前後と聴きました ( 6年で卒業できた場合 ) 。
第一薬科など、レベルが低いことで知られる大学などの場合は卒業までに
2000万~2500万円くらいかかるとも聴きました ( 6年で卒業できた場合 ) 。
国公立薬学部にはとても合格できないが、福山大学薬学部薬学科には合格できたという人がいたとします。
その人の場合は学力からすれば第二種奨学金の適用になるかと思いますが、福山大学ですと6年で卒業できたと仮定すれば、卒業までに掛かる総額は約1200万円くらいでしょうか。
その場合、1200万円という金額を全額借りることができるのでしょうか?
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

>第二種奨学金は成績不問で誰でも~
いいえ。ちゃんと基準はありますよ。
二種すら通らない人も居ます。
>その場合、1200万円という金額を全額借りることができるのでしょうか?
第二種奨学金は最高でも月12+2で14万円。
一種二種併用でなんとか月20万。
20万なら一年で200万超えるから自分一人で払いきることは不可能ではないです
ただですねぇ…
あなたに限らず、全額奨学金で薬学部行くって意気込んでいる人結構いるんですが、あまりお薦めしませんよ。
薬学部は留年率が他学部に比べて非常に高いのはご存知でしょうか。
留年すると奨学金は止まります。
奨学金だけに頼っているならここで詰みです。
奨学金としてご自身で払おうという心粋は尊敬しますが、例えば教育ローンや新聞奨学生でもいいから何か他の手段も探した方がいいです。
◆私はあなたみたいな考え方をする人が嫌いなのであえて、吹っかけますが、
今の時代に地方国立医学部に入れない人が、そういう不満を言う資格があるのかしら?
薬学部も私立の幾つかは特待生もありますよ。
まともに努力もしないで、お金の問題にすり替えてるのじゃないでしょうかね。
私立医でも中堅なら、地方国立とどちらが難しいか疑問です。
偏差値が足らないのに入れてくれは、ないですよ。
◆日本学生支援機構で借りられる第二種(有利子)ですが、確か、最高月額12万円だったと思います。12x12x6=864万円ですね。他のところでも借りないと、全額は賄えない(第1種も借りるなら別ですが)と思われます。
ただ、これらは入学後しばらくしての入金ですから、入学時に必要な金額は自分で用意(他で借金してでも)しなくてはいけないし、卒業後1000万円近くのお金を返していくことは普通なら無理でしょう。(利子もあるんですから)
失礼な言い方をすれば、頭が良くて国立に受かれない要な場合は、お金がなければ私立のお金のかかる理系は諦めざるをえないでしょう。