原発再稼働に関して 総理大臣を始め、原子力発電の再稼働を強く推し進

原発再稼働に関して 総理大臣を始め、原子力発電の再稼働を強く推し進める方々が多く見られますが、私は絶対反対したい気持ちでたまりません。
理由は、原子力に頼らずとも日本のエネルギーは賄えると考えるからです。仮に不足する恐れが発生した場合には、贅沢しすぎだと生活を改め節電に全国民が務めるべきだと思います。
色々な意見があることは承知してますが、仮に自分が住んでいる所に原子力発電所が立っていたり、核の汚染物質の最終処理を身近で行われる事になった場合を考えると、再稼働反対の気持ちは更に高まる一方でなりません。
現段階に於いても、東京電力福島原子力発電所の問題は、全く解決していないのは愚かその道筋さえ見通せない状況は明らかだと思われます。なのに、原発再稼働???
頭のいい方々は、やはり庶民の気持ちや常識が分からないのでしょうね。悲しい限りでとても残念で強い憤りを感じます。
皆さんは、どうお考えでしょうか?
屈託のない素直な考えをお聞かせ願えれば幸いです。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

頭がいいなんてご冗談でしょう。
まあ、ずるがしこいという方面では頭が働くようですが。
連中の頭は実質二流三流ですよ。選挙では頭脳は問題にしませんよね。まあ、ゼニ儲けや闇金転がしや人たらしなどの特定の方面では秀でてはいるかもしれませんが、少なくとも学術的な方面で秀でてはいないし無知な人が多い。
それを補うために諮問機関制度というのがあって、学術文化界や有識者などから人を招いて知恵を借りるわけです。
しかし、呼ばれる人はみな呼ぶ側の政治家や官僚に都合の良いイエスマンばかり、つまりお金や地位で転ぶ人たち、あるいはそこまで行かなくとも、都合の良い学説や考えを持っている人ばかりなので、ようするに「お手盛り御用機関」となってしまうわけです。
それがはなはだしい癒着を生み、政治行政に完全に囲い込まれた御用学者ばかりとなったのが原子力政策です。
何しろ、原子力学会丸抱えになってしまっていますから、政治行政の都合と原子力産業界の都合を実現するためだけに働く御用技術者や御用学者たちを自前で再生産し続けるのです。それらを含めて「原発ムラ」と呼ばれるにふさわしい、外界とは隔絶した閉鎖社会が出来上がっているんですよ。
なので、世間の常識などは無く、正当な科学の常識さえ通用せず、内部で勝手に作り上げられた都合を常識と呼び、似非科学論理を科学的だと世間に宣伝し続けます。
正当な学術界の科学は、おかげで世間から誤解されたり、いい面の皮です。
断言しますが、原発ムラに科学はないし、御用学者は科学者としては使い物にならない連中ばかりです(私はそれを言えるだけの経歴を持っています)。
なので、そのすべてをひっくるめて、頭がいいなんて㌧デモない話なのです。
原発ムラ内部の東電が原発事故と汚染水問題で恥をさらしたように、それだけでもいかに人材がいないかがわかるというものでしょう。
東電も自民党政府も当然ですがすべてを原発ムラ内部で処理しようとしてきたんですよ。
規制委も元御用学者が委員長でほぼ全部の人員が旧保安院からの横流れです。
しかし規制委は批判された過去の反省に立って、やっと本来の諮問機関として学術会議の人員を呼んで調査委員会などを作っています。
サンケイやヨミウリなどは過去の御用学者を呼ばないことをさんざん批判していますが、連中は原発ムラの御用マスコミです。さんざん癒着で甘い汁を吸ってきた御用学者を入れろとは、盗人猛々しいとしか言いようがありません。刑事罰の対象ではありませんが、御用学者は社会的制裁を受けている立場なのです(一部の人は刑事告発を受けています)。
断言しますが、日本の英知の代表である学術界、科学界の全体的総意は再稼動反対、原発継続には非常に懐疑的で、基礎的な研究不足だと考えています。
学術界の総本山の日本学術会議は、原発政策に対して政治的な立場は明らかにしていませんが、科学的な防災、予防の観点から、一昨年に「高レベル放射性廃棄物の処分について」という答申を原子力委員会に提出し、その中で、
*日本列島は危険すぎるから地下埋設処分は時期尚早、長期の最終処分研究が必要、
*長期の廃棄物保管の危険性と将来的な処分の処理能力の不透明性から、廃棄物量の総量規制が必要、
*長期の研究には開かれた「科学的な研究と議論」が必要、
*国民合意形成が必要で、そのための多段階の「民主的議論」が必要、
などを提言しました。
そこでは日本列島が非常に危険であると明確に述べ、事実上、原発ゼロを提言しているに近い内容となっています。
当然ですが、これは国会の脱原発政党や議員には周知であり、幾度か提出されている脱原発法案の核となっています。
小泉氏が廃棄物問題を大きく取り上げて原発ゼロを主張しているのもこれが基礎です。
もちろん、自民党は口をぬぐってこれにはまったく言及しませんし、サンケイやヨミウリも同様です。しかしNHKや他紙では取り上げて報道しています。
一方では、この提言を受けた地下埋設処分の見直しが経産省で始まっています。ヨミウリなどはそれを「最終処分場の選定を国が主導でやる」と伝えていますが、不正確なウソといってよく、実際は「浅深度の暫定保管場の選定」「学術会議の専門家による抜本的見直し」で、朝日などが正確に報道しています。
そして当然ですが、日本列島が非常に危険というのは学術界の共通認識で、科学者の代表的全国組織である日本科学者会議は「再稼動反対」「全原発の即時廃止」を提言しています。これは政党とは無関係の科学者としての防災予防要求です。
それから、原発ムラ内部に日本原子力開発機構という原子力研究の元締めの独立行政法人がありますが、その研究者たち内部でも再稼動が危険という意見が3~4割程度あるという調査が以前にありました。
もちろん、規制委も「事故は起こりえる」とし、かなり高い事故確率を示しています。放射性物質大放出については、「なるべく防げるように努力する」にとどまります。これは国会答弁で言っています。
その上で自民党政権は、すべてを国民に告知したうえでの民主的議論を行わずに、再稼動をもくろんでいるわけです。その是非を検討する権限は規制委にはありません。「交通行政」と一緒ですから。
以上のように、日本の本当に頭の良い「英知」は再稼動反対、原発反対なのですよ。少なくとも、民主的議論を求めています。
それをどうか他の人々にも知らせてください。ほとんどの世間はそれを知りません。マスコミも取り上げないし宣伝されませんから。
そうしないと、自民党の独断専行を許し、神風特攻のようなことになりかねません。
◆>皆さんは、どうお考えでしょうか?
原発再稼働に関して 総理大臣を始め、原子力発電の再稼働を強く推し進める方々が多く見られますが、私は絶対賛成したい気持ちでたまりません。
原発は再稼働される。
反原発派・脱原発派は何かと言うと「原発が無くても電力は足りている」と嘘をつく。
原発が無いと、企業も工場も家庭も節電しなければならない。
電力会社も燃料費が高いうえに故障しやすいから本当は稼働させたくない老朽化した石油火力も無理やりフル稼動して燃料費増大で数千億円の大赤字。
だから各電力会社が「30年ぶりの電気料金の値上げ」を実施し、あるいは申請している。
企業や工場も、電気料金がもろにコストに響くから、あらゆる工業分野で国際競争力を失う。技術立国・工業立国の日本にとって致命的なダメージ。
国の貿易収支も火力発電の燃料を余計に海外から調達するために兆の単位で貿易赤字。
これでも「原発が無くても電力は足りている」と言うのか。
自分の家が停電しなければ電力は足りているのか。
自分の家の電気料金の値上げ幅が家計に影響しない程度の金額だから原発は要らないのか。
反原発派・脱原発派の視野の狭さ、思慮の浅さには呆れるばかり。現実逃避に等しい。
原発は再稼働せざるを得ない。
政治的にも六ヶ所村再処理工場の「中間貯蔵施設」はあくまでも再処理してプルトニウムを取り出して再利用する前提で、順番待ちしてるという建前なので、再処理は何が何でも実現させないとダメ。ということは、原発を性急に全廃炉なんてのは、政治的にも絶対に無理。
「原発が二度と動かないのに再処理してMOX燃料作ってどうするんだ?今度は出荷待ちの中間貯蔵か?ふざけるな!」って青森県がぶち切れる。中間貯蔵と称して預かってくれてる使用済み核燃料を全部もとの原発へ送り返される。それを受け入れる設備は現実に無い。
青森県は「絶対に最終処分場は作らない」という約束で再処理工場と中間貯蔵を受け入れた。原発はやめる=プルサーマルもあきらめるでは、お話にならない。
再処理と大間原発フル稼働は必須。これで時間稼ぎしている間に最終処分場を何とか決めて(これだけで10年~20年はかかる)、準備が出来てから原発廃止を議論すればいい。
原発は現在から50年間くらいの間、日本に必要。
また、それが2012年12月の衆議院解散総選挙と、2013年7月の参議院議員通常選挙の結果によって明示された日本の国民の「民意」だ。
政権与党に返り咲いた自民党は「原発再稼働ありき」「原発の新規建設も容認」。その政権を実現させたのは日本の国民。参院選で「ねじれ」も解消された。これを民意と認めないのは卑怯だ。
原発の再稼働は日本にとって必要不可欠。
現時点で、発電コスト・容量・安定供給・エネルギー安全保障などの側面を全て考えると、原発の代替となる発電方式は存在しない。
どんな発電方式にもメリット・デメリットはあるが、原発は日本にとってメリットが圧倒的に大きい。
<メリット>
●発電単価が安価であるため電気料金を安くし、安定させる。昨今取りざたされている電気料金の値上げ申請は何と30年ぶり。30年前と同じ値段で今も買えるものが、電気以外に何かあるか?原発は電力の大量生産工場。大量生産すればコストが下がるのは当然。
●大きな電力を、長期間にわたって安定供給できる。
●発電時にCO2やSOxやNOxを出さない、環境に優しい発電方式である。
●ウラン燃料棒は狭いスペースで何年分でも備蓄できる。実際に備蓄してなくても、しようと思えば出来る事が大切。大量に備蓄できない石油・石炭・天然ガスなどを燃料とする火力発電に対する依存度を抑制することにより、エネルギー安全保障に資する。火力発電の燃料を輸入する際の価格交渉も有利になる。
<デメリット>
●原発事故の可能性がある。(安全対策により被害は極小化できる)
●放射性廃棄物の処分方法が決まっていない。(原発を再稼働しなくても解決しなければならないことに変わりはない)
「天然ガスが安く買えるようになる」など、反原発派・脱原発派の話は楽観的過ぎる。世界は日本にとって都合のいいように変化してくれるわけではない。不確定要素は「全て日本にとって不利になる」という前提で、最も不利な条件でも日本という国が破綻しないように備えるのが正しい。「最悪に備え、最善を尽くす」ということ。それが、政界や財界のトップに立つ人たちの責任。お花畑のような楽観主義の反原発派・脱原発派のヨタ話では、この国は1ミリたりとも動かない。
経団連をはじめ、経済界からは「原発ゼロなど有り得ない」との苦言が相次いでいる。経済界が困るということは、すなわちその末端で働いて、家族を養うために給料を稼いでいる我々一般庶民の生活も困るということ。
原子力ムラの利権がどうのこうのとか、他人の懐具合なんかどうでもいい。一般庶民は自分の家族を養わなければならない。誰もカスミを食って生きている仙人様ではない。
原発が稼働しないから火力に頼って燃料費がかさんで電気代が上がる。当たり前のこと。原発は安い発電コストで莫大な電力を安定供給できる最も優れた発電方式。現に、東京電力や関西電力、四国電力など6電力が相次いで電気料金を値上げした。原発比率がもともと小さい中部電力も今春の値上げを目指して申請した。反原発派・脱原発派がどんな屁理屈をこねてもムダ。これが現実であり事実。発電コストや出力の大きさや安定供給も含めて、原発の代替となる発電方式は現時点では存在しない。もし存在するなら、電力会社が数千億円の赤字になったり、電気料金を30年ぶりに値上げする申請を出したりするわけがない。
原発を「今すぐ」廃止してはならない。デメリットがあまりにも大きく、日本の社会はそれに耐えられない。当面は原発を再稼働して電力不足や電気料金の高騰、雇用の喪失やエネルギー安全保障の危機などのデメリットを回避する。将来のビジョンとして、100%自然エネルギー発電へシフトし、原発廃止を目指す。これが現実的。
将来は脱原発は出来る。が、今すぐとか、10年でとか、2030年代とかでは時期尚早。代替エネルギーの準備が間に合わない。
日本全国で企業も一般家庭も節電に協力し、電力会社は燃料費が高い火力発電を赤字増大覚悟でフル稼働して何とかギリギリ夏や冬の電力需要増大期を乗り切っている。こういう状態を「電力は足りている」というのは嘘。原発無しでは、電力は不足する。原発の再稼働が無ければ、毎年毎年夏と冬が来る度にこんな異常なことを繰り返すことになる。「節電すれば足りる」「赤字覚悟なら足りる」ではダメ。
電力料金は企業にとってコストの大きな部分を占める。このままでは、企業は日本国内に逃げ場が無い窮地に追い込まれ、海外に逃げるしかない。産業の空洞化が一気に加速し、日本は失業者だらけになる。そうなってからでは遅い。原発を速やかに再稼働し、さらなる電気料金の値上げを回避すべき。
物事には順序がある。目の前の電力不足を原発再稼働で回避し、将来のビジョンとして脱原発を語るべき。
電力は人命にも直接関わる最重要の基幹インフラ。確実に電力が足りるようにしておかないとダメ。ギリギリ足りるではダメ。発電所や変電所で、1ヶ所や2ヶ所で事故・故障が起こるのは日常茶飯事。十分なマージン、冗長性の確保が不可欠。揚水発電以外、電力は貯める事が出来ない。電力の需要と供給は常に「同時・同量」。この需給バランスが崩れれば瞬時に広域大規模停電(ブラックアウト)が起き、多くの犠牲者が出る。
当面の40年~50年間は原発を再稼働して従来どおり原発に頼って良い。原発の新設・増設もあり。
原発事故のリスクはあるが、エネルギー安全保障の確保、産業・経済の発展、豊かで便利で快適な生活の維持、夢と可能性に満ちた子供たちの青春という大きなメリットと引き換えに出来る「合理的なリスク」として受け入れるべき。
毎年毎年、日本各地の原発で福島第一原発と同様の「過酷事故」が起こるわけではないし、過酷事故が起こっても「原子力災害」に進展させない準備があれば十分。それは原子力規制委員会が作成した新規制基準に盛り込まれている。
たった1ヶ所事故っただけで「もう全部ダメだ」では何も作れないし何も出来ない。
とはいえ、未来永劫原発に頼るわけにはいかない。
代替エネルギー(自然エネルギー+電力レベルの蓄電システム)の開発・実用化、スマートグリッド・スマートコミュニティーの普及による電力需給の分散化(電力の地産地消)の促進、合理的な範囲での節電の啓蒙、家電に限らず産業設備や社会インフラを含めた省エネ化の取り組み。これらを同時進行で加速して推進していけば「少しずつ原発を減らして」いくのは可能。政治主導で、社会全体の取り組みが必要。
また、原発推進は国策なので、民間の営利企業である電力会社が飛びついてくれるように法律や制度を整備して「原発は儲かる」仕組みが出来上がっている。過疎に悩む地域の自治体が積極的に誘致してくれるように、原発誘致と地域経済の振興をセットにする法律も作った。40年以上かけて作った原発推進の仕組み。1年や2年で変えるのは無理。数十年かけて少しずつ変えていくべき。
将来のビジョンとして、地下資源に恵まれない日本の「エネルギー安全保障」を磐石なものにするためにも、100%自然エネルギー発電にシフトすべき。
◆だめだめ、節電なんて言っちゃ。低脳野郎に揚げ足取られるだけよ。
原発なくても普通に生活できます。
だって今どっこも動いてないし、電力会社によっては二度も夏場を乗り切ったのよ。
◆×頭のいい方々
△既得権益にどっぷり浸かった目先の事しか見えない近視眼の方々
○目の前にある事実も見えない盲目、又は、目をつむって夢でも見てる方々、頭のいいかげんな方々
>原発推進なんて頭わるくないと言えないよ。無知、無恥の極み。
ほんとにそう思います。
無智、無治、無血、無値もおまけです。
むちむちしてますねぇ(笑)
>ゆるやかに無くすつもりだと信じている方々へ
何故、再稼働計画ばかりで、廃炉計画が皆無なのか、
何故、全ての原発の安全評価や、安全対策を進めているのか、
よーーく考えるまでもないでしょう。
全部再稼働しようとしているのは明白です。
足りない分を原子力で、という考えではないということです。そもそも足りてるし。
今、ここで、ごまかされてしまっては、未来はありません。
◆howardgaltroark(バカード)は放って置いて、原発の存在根拠たる【安全神話】、【経済合理性神話】、【電力不足神話】、【代替エネルギー不在神話】、【核燃料サイクル・高速増殖炉実現神話】は、すべからく完全否定され、もはや原発&揚水、更には石油・石炭の通常利用も不要と成り、今後はGTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)等の先端火力が燃料コストも安く原発の発電効率の倍の60%程度であり、温排水の出る原発と比べて環境破壊を齎さないクリーンな火力としてベース電源と成ります。そして、メガソーラー等の太陽光やウィンドファーム型の大規模風力発電設備も爆発的に増設されて来ており再生可能エネルギーの爆発的普及が確実であり、また2015年からは【水素社会】へのステップで在る燃料蓄電池車(水素自動車)の一般販売開始が自動車各社により行われると共に、千代田化工建設による水素発電所の稼働も予定されており、残りの1年で水素エネルギーのインフラの整備を今行われておるのであります。
故に、既に原発石油火力や老朽化力も不要と成りつつ在り、今後は如何に使用済み核燃料等の放射性廃棄物を安全に最終処分するかであると思うのであります。そこで、地層処分は時間と300m前後の地下に埋めて安全かと言う事が問題であり、答えは否であり、当然に国際法違反の海洋投棄や海溝投機も許される筈は無く、第三の道として【宇宙投機】を行うべきであると思うのであります。
核兵器を含めた全ての核のゴミは、もはや【宇宙投機】に求めざるを得ないと断言するモノであります。
以上から、安倍晋三一味による原発再稼働や新増設や海外輸出を止めさせるために、この正統性無き偽内閣を叩き潰すために、2014年2月9日の東京都知事選挙がムサシ、電通&御用マスコミ、清和会、創価学会、選挙管理委員会等による【不正選挙】を排除して、細川護煕元総理を都知事に当選させて、まずは幹事長の石破茂を辞任に追い込んで、2014年2月23日の安倍晋三の地元の山口県知事選挙で飯田哲也氏が自公推薦の霞ヶ関官僚に圧勝して安倍晋三偽内閣を総辞職に追い込む事が、経世会系や宏池会系の保守本流を党内クーデターに動かして、安倍晋三一味を排除する事に成ると断言すると共に、安倍晋三一味亡き後の次期政権が【原発即時ゼロ】を決定して、粛々と全原発の【石棺廃炉】や放射性廃棄物の「乾式キャスク」への移動&【中間貯蔵施設】への運び込み・厳重保管&【宇宙投機】に道筋を付けるべきと思うのであります。
これが原発と【原発マヒィア】、安倍晋三一味の国葬と言う事と成り、日本国や日本国経済の発展と持続的成長を確実にする唯一の道と思うのであります。
◆簡単に言えば 原発を止めれば 日本を支えていた太い柱が無くなると言うこと
今は 仮に細い柱を何本も立てて 支えとるが…早くせんと崩壊してしまう
崩壊しても原発が支えていた物が崩れるだけと思われとりますが
はたして 他の柱が耐えることが出来るか 出来なければ 全てが崩壊するで!!!
より安全な原発にすればいいと自分は思う 核融合が出来るまで
あと 福島の為にも原子力の研究は止めてはいかんで!!


コメント