【知らないと損】多くの評論家が今年は円高になるとよく耳にしたのですが、いつなるの…

【知らないと損】多くの評論家が今年は円高になるとよく耳にしたのですが、いつなるの…

多くの評論家が今年は円高になるとよく耳にしたのですが、いつなるの…

多くの評論家が今年は円高になるとよく耳にしたのですが、いつなるのでしょうか?w
三橋さん、金子さん、森永さん、ファンドや日銀財務省からナメられてますねw

アンサー

FXで儲けることに期待してはいけません。
FXは金融商品取引法に定められた合法のみ行為です、会員の損した分が業者の売上・利益の全てになるので、「お金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博」です。株とは違って投資・資産運用・金儲けの手段にはならず、パチンコと同じ「楽しむ適度に楽しむ遊び」です。のめり込み・依存症に注意が必要です。業者は法律に従った取引を行い、「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。誰もが気づかないFXの特徴。
(1)取引は会員と業者だけで完結しカバー銀行・同業他社・インターバンク・他会員など第3者は関係しません。NDDとかマリーなどあり得ない。
(2)会員の負けた分が業者の売上・利益の全てになり、スプレッドの差が業者の利益になるというのは株などの仲介取引と混同した間違った説明です。
(3)会員向けのレートは各業者が独自に(勝手に)作成しています。マスコミなどで報道されるレートと同じではない。これを「レート操作」と非難する人もいるでしょう。
(4)会員個別に違ったレートを配信することもある。買うと下がり売ると上がるとか、買った人向け下に長いヒゲ、売った人向け上に長いヒゲ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに統一など。
(5)実際には為替(通貨)の売買はやらない。買ったつもり、売ったつもりで、決済取引の後に差額だけをやり取りする取引。会員は1ドルも1ユーロも受け取らないし、業者は外国通貨を用意する必要はないので、会員以外とは取引しない。
これらの事柄は金融商品取引法に従った取引であり、業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。法律は嘘をつかない、業者も「契約締結前交付書面」では嘘をついていないはずです。マスコミ・評論家・解説本の著者・ベテラン・初心者・巷の噂話・欲に目が眩んだ勝手な思い込み、誰の説明よりもこれは正しいはずです。まずFXを規定している金融商品取引法から。
FXを規定している法律。
金融商品取引法第二条22 この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう。
一 売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品及びその対価の授受を約する売買であつて、当該売買の目的となつている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によつて決済することができる取引 。
●この法律によれば、FXとは客と業者が一対一で取引条件を決める店頭取引(株は取引所取引)なので、ある瞬間に100円で、100円3銭で、100円5銭で買う人がいるかも知れない。業者が会員全てに同一のレートを配信しない場合もある、ということ。買うと下がり、売ると上がる、時には買った人向けレートが下に長いひげ、売った人向けに上に長いひげ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに同一レートということも。
デリバティブ取引(株は直物取引)とは為替その物の取引ではなくそこから派生する取引、つまり為替の売買はしない。外国通貨の仲介取引は行わない。金融商品市場及び外国金融商品市場によらない取引なので、インターバンク取引、東京金融商品取引所での引は行わない。NDDなどあり得ない。
差金決済(株は受渡決済)とは為替の受け渡しも、その代金の受け渡しも行わないのだから、実際には為替の売買は行わないで、売ったつもり買ったつもりで、決済取引の後に差額のやり取りを行う。会員は1ドル・1ユーロも受け取らないし、業者はカバー銀行、同業他社、インターバンクと外国通貨の取引は行わないし、外国通貨を用意する必要もない。従ってスプレッドの差が業者の利益になるということはない。
●この法律で決められている取引とは、客からの注文があると、その注文を呑み込んで、インターバンクや東京金融商品取引所などの金融商品市場やカバー銀行や同業他社・他の会員に取り次ぐことなく、業者自身が取引相手となって取引を成立させる取引、 商品先物取引法で禁止されている「のみ行為」です。つまり、FXとは金融商品取引法に規定された「合法のみ行為」なのです。因みにインターバンク取引(銀行間取引)は100万ドル単位で、FXは株と違って比例配分制度はないので小口を集めての取引きはできず、差金決済ではなく直物取引・受渡決済・RTGS です。取引をしようとすれば業者は多額の資金(多国通貨)を必要とします。
●のみ行為を禁じている法律 商品先物取引法 (のみ行為の禁止)第二百十二条 商品先物取引業者は、商品市場における取引等の委託又は外国商品市場取引等の委託を受けたときは、その委託に係る商品市場における取引等をしないで、自己がその相手方となつて取引を成立させてはならない。
●「合法のみ行為」だからこそできること。 (1)レバレッジ。(2)差金決済。(3)市場が眠り込んだ深夜にも取引可能。(4)業者は取引に関わる資金負担が少ない。取引代金X多国通貨。(5)業者は自由にレート操作でき、会員個別に違ったレートを配信できる。(6)会員は少ない資金で取引できる。(7)会員の損した分すべてが業者の売上・利益になる。株のように実際に取引する(受渡決済)ならばこれらのことはできません。現物株取引で差金決済は禁止。
●FX業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果しています。
(1)金融商品取引法第二条22に基づく取引であること==合法のみ行為であること。
(2)相対取引であること==①店頭取引と同じ、会員と業者が一対一で取引条件を決める取引なので、会員個別に違ったレートを配信することがある。買うと下がり売ると上がるとか、ポジション別による長い髭など。②業者は会員とだけ取引をし、カバー銀行、インターバンク、同業他社、他会員などとは取引しない。NDDやマリーなどあり得ない。③会員と業者が一対一で取引をし、第3者は関与しない。会員と業者の利害が相対する取引なので会員の損した分が業者の売上利益の全て。多くの会員が儲け始めると業者は赤字倒産。それを防ぐために会員全てのポジションを把握している業者のコンピュータが随時独自のレートを配信し、客の早めの損切りを誘い、損をさせ、適度な業者の利益を確保する。
(3)差金決済であること==原商品(為替・通貨)の受け渡たしも、その代金の受け渡たしも行わない。実際には売買しないで、売ったつもり、買ったつもりで決済取引の後、差額をやり取りする。会員は1ドルも、1ユーロも受け取らない。業者は外国通貨を用意する必要がない。
(4)スプレッドの差があること==これによって勝ち難いとは説明しているが、この差は手数料ではない。スプレッドの差を乗り越えて利益を上げれば、その分業者の赤字になる。
(5)会員向けのレートはカバー銀行の値を参考に独自に作成している。外部とは取引しないので自由にレートを作成することができる。これらの説明が不十分だと、金融商品取引法第四十条の二に反するので、業者はちゃんと説明しているはずです。
FXは店頭取引・デリバティブ取引・差金決済・相対取引、株は取引所取引・直物取引・受渡決済・仲介取引です。これらの言葉をネットでキーワード検索すると、法律問題・金融経済学が苦手の人でも「9割の人が負けている」とまで言われているFXの本当の仕組みが少しずつ分かってくると思います。
FXの会員ならば誰もが一度は読んで、理解し、納得したはずの「契約締結前交付書面」から引用します。会員向けのレートは各業者が独自(勝手)に作成しています。レートが違うのでカバー銀行・同業他社などとの取引は出来ません。店頭取引・相対取引なので特定の会員を狙い撃ちしてストップ狩りを仕掛けたとしても、法律違反とはならないでしょう。
●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)
●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。(ヒロセ通商)
●FXブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(FXブロードネット)
●当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。(マネーパートナーズ)
FXは金融商品取引法に定められた「合法のみ行為」です。投資・資産運用・金儲けの手段にはなりません。知恵袋のベストアンサーやカバー取引のことなど、詳しくは下記リンク先を読んでください。
◆●中国債務地獄 トランプドル高攻勢 人民元下落は大きな負担増
2018年7月13日
米中貿易戦争の激化とともに為替のドル高が進行している。
日本にとって円安は輸出企業に有利になるため恩恵が大きいが、中国にとって人民元の下落は輸出へのプラス効果を打ち消してしまうほどマイナス面が大きい。
「強いドル」にマネーが吸い寄せられて中国からの資本流出圧力が高まるうえ、巨額な対外債務がより重い負担となってのしかかるためだ。
足元の経済が崩れれば習近平国家主席も窮地を迎えることになる。
トランプ米大統領が、中国の知的財産権侵害を問題視し、米通商法301条に基づく対中制裁の大統領令に署名した2018年3月以降、ドル高・人民元安が進行。
2018年6月に制裁措置を発動すると発表すると一段と人民元が売られる展開となった。
対円でもドルは売られ、2018年7月13日には一時、1ドル=112円台半ばまで円安が進んだ。
日本企業の業績にプラスになるとの見方から、輸出関連株が買われる場面もあった。
中国にとっても人民元安は米国の制裁関税の悪影響を相殺して輸出にメリットをもたらすはずだが、実際には極めて大きい副作用をもたらすという。
「ドル高の影響で特に困難化すると思われるのは中国だ」
と指摘するのは武者リサーチ代表の武者陵司氏。
「米国は好況である上にドル高や金利上昇の影響で、中国からの資本流出圧力は高まらざるを得ない。
巨額の対外債務を負っている中国にとって、人民元の下落は大きな負担増をもたらす」
と分析する。
武者氏によると、中国の対外債務は約4兆6000億ドル(約517兆円)にのぼり、外貨準備高約3兆2000億ドル(約360兆円)の約14倍以上にも相当する。
このため、ドル高・人民元安が続けば中国は大きな打撃を受けるという。
「人民元安を抑制する政策は、ただでさえ割高になっている中国の人件費を一段と高め、製品の競争力を削ぐ。
通貨防衛で国内金融を引き締めることは不動産バブル崩壊リスクを高め、国内の金融不安を顕在化させる恐れがある」
と武者氏。
中国国内を見ても、企業も借金で首が回らない状態だ。
中国財政部の統計では、2018年4月時点の国有企業の負債総額は約108兆人民元(約1822兆円)にのぼる。
民間企業でも、米ホテルチェーンのヒルトンや、ドイツ銀行などに投資していたことでも知られる大手複合企業、海航集団の王健会長が出張先のフランスで視察中に死亡した。
社債のデフォルト(債務不履行)も多発している。
中国人民銀行(中央銀行)によると、2018年5月は社債の償還額が発行額を上回るという状況だ。
民間企業や個人、地方政府も含めた負債総額は3000兆円を超えるとの見方もある。
トランプ政権の対中制裁をきっかけに、危うい均衡を保ってきた中国経済の矛盾が一気に噴出しかねない状況だというのだ。
習近平政権の焦りもうかがえる。
中国商務省が2018年7月12日、トランプ政権が対中制裁関税の対象に2000億ドル(約22兆円)分上積みする方針を示したことに関連して、
「米国は史上最大の貿易戦争を引き起こした。世界的な貿易戦争だ」
と非難する声明を発表した。
米中の対立が深まった責任は
「完全に米国側にある」
と批判した。
中国商務省の高峰報道官は記者会見で、米国の追加関税に関し
「実際に発動すれば、世界経済に巨大な衝撃をもたらす」
と述べ、実施を見送るよう強く牽制した。
中国にとってデメリットも多いドル高だが、日本にとっては恩恵が大きい。
前出の武者氏はこう明言した。
「ドル高の最大の受益国が日本だろう。
円ベースでの輸出単価の上昇により円安が企業収益の大きな押し上げ要因になることは言うまでもないが、より大きいのは日本の対外資産の価値が増えることだ。
日本の対外資産と対外負債の差額(純資産)は2兆8800億ドル(約324兆円)と世界最大級で、この差額分はドル高が進めば円ベースで増加する。
約4兆ドル(約450兆円)にも上る海外証券投資の元本が増える他、直接投資による収入も増えて、日本経済を大きく支えるだろう」
日本は思わぬ漁夫の利を得ることになりそうだ。
●2018712 11:45更新
【石平のChina Watch】
相次ぐ関係者の自殺、事件から見る負債問題の時限爆弾 砂上の楼閣である「中国の経済成長」を待ち受けるものとは?
://wwwsankeicom/column/news/180712/clm1807120007-n1html
先月、中国で「負債問題」を起因とする事件が相次いで起きた。
例えば同15日、大連工作機械集団有限公司の陳永開会長は、銀行からの巨額な融資を返済せずに姿をくらまし、公安部から指名手配されることとなった。
当該集団公司の負債額がどれくらいかといえば、それは200億元(約3324億円)であった。
同19日、広東省中山市に本社を置く、華帝燃具有限公司が億元単位の負債を返済せず、経営責任者も逃げたため、広東中山第二人民法院(裁判所)から資産差し押さえの処分を受けた。
同22日、山東省臨清市康荘鎮で1人の地方公務員が負債問題のトラブルに巻き込まれて自殺した。
康荘鎮人民代表大会副主任を務める馬東斌さんは地元企業、天脈公司の負債の連帯保証人となった後、当該企業が債務不履行で倒産。
連帯責任を追及された馬さんは苦しんで悲劇的な首つり自殺を遂げたのである。
以上のような事件から浮かび上がってきたのは、中国で深刻化している
「企業負債」
の問題である。
このような巨額な負債で苦しんでいる企業はいくらでもある。
例えば同月、山東省浜州市の有力企業である斉星集団が債務不履行で破産を検討したところ、国有の投資会社が債務を肩代わりし、救済したことがニュースとなったが、当該企業集団の負債額は、やはり100億元に上った。
あるいは現役の会長がフランスで不慮の事故死を遂げた海航集団の場合、集団の負債額は何と6千億元、日本円にして約10兆円という巨額である。
本体が地方の航空会社であるこの企業集団の負債額が10兆円にもなっているとは中国企業の抱える負債問題の深刻さを示した一例だ。
中国企業全体の負債総額がどれくらいかとなると、今年5月に出された数字として、全国の国有企業の負債総額だけで108兆元、日本円にして1795兆円に達しているのである。
1795兆円といえば、日本という経済大国の国内総生産(GDP)の3倍以上。そして108兆元といえば、2017年の中国のGDPの80兆元を優に超えた数字だ。
要するに昨年1年間、13億の中国人民が頑張って作り出した経済価値が国有企業の負債を返済するのにも足りないくらいなのだ。
大量の負債を抱えているのは何も国有企業だけではない。
民間企業を含めた企業全体の負債、地方政府の負債、そして個人の負債(不動産ローンなど)、今の中国国内で蓄積されている負債総額は、一説によれば約200兆元、日本円にして約3324兆円の天文学的な数字である。
これまで中国政府が人為的に作り出してきた公共事業投資ブームや不動産投資ブームの中で、地方政府が公共事業投資拡大のために、国有企業と民間企業が生産拡大のために、そして個人が不動産投資・投機のために皆が皆、銀行や「融資平台」と呼ばれるようなシャドーバンキングからむやみに借金してきた。
その結果、経済の繁栄とは裏腹に、政府と企業と個人の抱える負債は上述のような巨額に膨らんだ。
そういう意味では、これまでの中国の経済成長と繁栄は、まさに負債という土台に築かれた砂上の楼閣であるともいえる。
借金すれば、いずれそれを返さなければならない。
政府と企業と個人の負債はこれから返済期に入っていくから、彼らを待っているのは「返済地獄」だ。
その中では、前述の事例のように、負債を返済できずに破産したり経営者が逃げ出したりするような企業が続出してくるであろう。
そのツケは全部金融機関やシャドーバンキングに回ってくる。
結果的に金融危機の発生を招く以外にない。
負債問題はまさに、中国経済の抱える時限爆弾の一つなのである。

【プロフィル】石平
せき・へい 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。
◆えーもう忘れたんですか?!
年始、円高だったじゃないですか。
豪ドル円やユロ円はつい先週くらいまで円高でしたよ。
まぁ、彼らと我々ではインセンティブが違いますからね。下でオカモッチさんが書いてるけど、その当時、彼らを当てに投資する人や、相場のトレンドに対して耳ざわりの良い説明をすることが彼らの仕事ですから。そうすることで彼らはご飯にありつける。
我々はそうじゃないってことですかね。
今は一転ドル高の論調が多いですよ。年始からロンガー決め込んでた私の耳には彼らの囁きが心地いい。。
◆全く耳にしませんね
人の話程に当たらない事が無いですから
そんなことを記憶する必要も無い
人の考えに左右される人?
◆まだ、今年は半分ある
奴らの動きはまだまだ分からないよ~
僕ら、一般人が「今年のトレンドは円安かぁ~」と思い始めたころが仕掛け時!
◆典型的な脳足りんじゃの~
マーケットの評論も国によって内容が異なるんじゃボケ
何故だか分かるか?
文筆業は売れて何ぼ読まれて何ぼの商売
購読層が読みたいと思う内容の記事を書くってだけだ
愚か者は、こんな世の中の基本的な仕組みすら知らないw


質問タグ:三橋,森永,金子,店頭取引,日銀財務省,インターバンク,レート