社労士の年収について‥‥社労士って、よく平均年収500万以上稼げるっ

社労士の年収について‥‥社労士って、よく平均年収500万以上稼げるって雑誌などに書いてるけど、実際、仕事がなくて食べていけない人がほとんどなんですよね? 平均年収500万もないと思うんです が、どうなってるんでしょう?
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

食べていけない人が多いのかどうかはよくわかりません。
が、どうなっているのかは想像がつきます。
カラクリが2つあるのが理由だと思います。
一つ目は、社会保険労務士の試験に合格したので社労士を名乗ろう、と思っても、各都道府県会に所属をする=年会費を納付しないと社労士を名乗る事が出来ない、ということです。
ちなみに当方所属するところでは、本会ともうひとつ付属組織にも(半)強制加入なので年間合計で約10万とチョボチョボの会費を納めています。
これが高いと思ってしまう収入見込みしか無い方は登録からしてまずしませんで、他の社会保険労務士事務所に補助者として勤務して自身の顧客開拓を行い、それなりに食べられるようなお客さんを持てた時点でお客さんを持って独立するらしいです。(うちの事務所はさしたるメリットも無く名義貸しのような方法なので禁止してますが。)
つまり「年収を引き下げるような人がそもそも社労士を名乗っていない」というカラクリですね。これが一つ目。
二つ目ですが、時々年収その他のアンケートに答えてください、というものが会報と共に送られてくるのですが、アンケートなので回答は任意なんですね。
で、回答があった物をまとめて公表してたりするそうですが、当然任意の回答ですから、みっともカッコ悪い年収をオープンにしたくねえや、と思う人は答えませんし、逆に自信を持って堂々と答えられるような年収の人ばかりアンケートに答えますから、結果として公表されるものの年収はグイッと上がります。
そうしてその公表を元に雑誌が記事を書けば、・・・おのずと結果は見えてきます。
これが二つ目のカラクリです。
ということで、実際の平均年収がどのぐらいなのかはご想像におまかせするしかないのですが、高い方もいれば低い方もいる、というのは事実でしょうね。
最後に、年収額に現れない実質的な可処分所得のお話を一つ。
社会保険労務士は個人事業主ですから、正当な内容であれば額の上限無くありとあらゆるものが会計上の経費算入が可能です。
一人で昼ご飯を食べれば経費算入はできませんが、お客様と打ち合わせをしながら食べれば会議費として処理しますし、最近はサラリーマンでもそうですけれどスーツ買っても革靴買っても経費です。スウェットの上下でお客さんには会えませんからね。
自宅で開業している方なんかは光回線もプロバイダもパソコンも、家事案分した部分を除いて経費ですし、車やオートバイといった減価償却をするものであっても仕事で使うのであればその部分は参入できてしまうのは同じことです。
ですから、例えば年商800万円、経費400万円、所得400万円という場合でも、サラリーマン方の所得500万円よりも100万円低いのに、中身はまるで違っているという可能性がある、という部分は御理解いただけると思います。(まあこの例では800万円稼いできてるんでね。500万円のサラリーマンよりも良いのは当たり前っちゃあ当たり前なんですが。)
ということですから、私も昔はそうでしたが、500万円を下回っていてもどこかからお金を借りるとかでもないのであれば、何とかなるっちゃあ何とかなる、というか何とかなったのでお陰様でここまで来ました、というのもまた事実だったりします。今の所得は内緒ですが。(笑)
以上となりますが、こんなところでいかがでしょうか。