自己破産の手続きを始めた知人を、詐欺で訴えようと思っています。 自

自己破産の手続きを始めた知人を、詐欺で訴えようと思っています。
自己破産の手続きを止め、お金を返して貰える方法があるか、知恵をお貸し下さい。
古くからの知人に、500万×3回の1500万 ほど2年前に貸付ました。その時の状況は、
1.義理の父親の商売が失敗し、借金を背負う事になった。
2.会社を退職して退職金があり、返すアテはある。(退職金は書類を見せてもらい確認済)
3.退職金は年金機構にあるので、申請してから手元に入るのに3ヶ月かかる。
4.ヤミ金の為、支払が滞ると大変な金額になり払えなくなる。
との事で、借用書を作成し貸付を行いました。
ところが、返済期日になっても一向に返済がなく、年金機構に提出した書類に不備があった、銀行の支店を間違えて入金しお金が戻ってきた、などの言い訳で引き延ばされ、最終的に警察に行こうとすると、実は詐欺被害に遭い、退職金が盗まれてしまい返す事が出来ない、死んで保険金で払うと涙ながらに謝罪をしてきました。
そこで、詐欺で訴えない代わりに、5年以内に返却する目処を立てることを条件に告訴を保留にし、1年半待ちました。
そしてようやく親戚に借金を立て替えて貰える目処がたった、との連絡があり先方からの入金を待っていましたが、突然弁護士から自己破産の手続きに入りました、との連絡がありました。
弁護士の話では、
1.実は私だけに借金した言っていたが、方々から計2800万ほど借金があった。
2.退職金は借金の返済に使ってなくなっていた。
3.親戚からは縁を切られ、絶縁状態になっていた。
と、説明とは全く違う状況だと言う事が分かりました。
正直、古くからの知人で大変仲が良かったので、自殺を止めたい、何とか助けてあげたいとの気持ちが優先して、馬鹿な行動をとったと後悔していますが、貯金の大半を渡してしまったので、今は少しでもお金を取り戻したいと考えています。
貸したお金は現在まで1円も返して貰ってません。
また、知人とのやり取りは、メールを基本にしていましたので、全てのやり取りは保存しております。
来週こちらも弁護士に相談する予定です。
今後どの様にすれば良いか、ご意見をお願いします。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

お気の毒様です。 1234が全部嘘だということが立証できて、なおかつ、ご友人が貴方に
積極的に害悪を加えようとした、ということを立証しないと、お金が帰ってこないどころか、債権まで消滅してしまいますね(破産と同時廃止で)。 時効は10年なので、多分大丈夫でしょうが、意味がありません。 こういう状況での金銭回収はほぼ不可能です(ここまで民事事件)。
刑事事件としての詐欺は貴方を欺罔に陥れて本来と異なる判断をさせることですから、
本当は、返す気が無いのに、嘘を言って貴方を欺罔に陥れれば立派な詐欺罪です。
ですが、このような場合、相手が返す気がないことの立証が困難な事が(例えば警察に取り調べられても、借りた時は必ず返す気だった、と強く主張されれば、警察としては、そうでない証拠を見つけ出す必要があります)(刑事は告発人が立証するわけではないですが)一般的ですので、刑事的にも難しいでしょう。
ということで、結論から言えば、お金はまず帰ってこない。
詐欺の刑事事件は立件が困難、というケースかと思われます。
◆お金無い人からは取り返せません。
たとえ詐欺と立証できてもお金は帰ってきません。
騙されたのは自分が甘かったと反省するしかないです。
知人にもう一度誰かを騙すように仕向ければ、
被害を他の誰かに付け換えることが出来ましたが、
弁護士が絡んだ以上あなたが被害被るしかないです。
◆もう相手が弁護士に依頼した以上は
あなたとその知人が直接交渉することは出来なくなります
返済はもうされないと思います
本当にお気の毒に思います
◆詐欺の立件は困難でしょう。
できるとすれば破産の免責に同意しないことくらいです。
◆やられたな。
勉強代として忘れるしかない。
金は、人のつながり簡単に切るよな。
俺貸さないけどさ、あれって言われただけでも切れ味ハンパない。
1,000取りっぱぐれにあったから貸してって来た友人とは、立ち直ったってメール来たけど距離置いてる。
◆弁護士に相談してるのなら弁護士に任せましょう。
すでに法律の専門家に相談しているわけですから。


コメント