法人成りした4年目の小さな会社です。 社長の性格なのでしょうが、

法人成りした4年目の小さな会社です。
社長の性格なのでしょうが、
個人事業主時代も含め、
売掛金が数年にわたってあります。 (個人時代の売掛は引き継いでいません)
売掛金がたまりにたまって300万円以上になりました。
田舎の小さな会社で、
お客さんも自分の親戚だったり、
近所の人だったりが多く、
なかなか言いづ辛いのか、
全然集金が出来ていません。
私が裁判所に行くと言っても(少額訴訟のため)、
「まあ・・ちょっと待って」と言う感じです。
当然、申告の時には、
何年も売掛の欄に同じお客さんの名前と金額が載ります。
社長は、個人事業主時代の感覚しかなく、
通帳を見ただけの判断での経営です。
なので、この売掛の回収さえあれば、
借りることがない借金までしてます。
回りからは、「良い人ね~」とか言われて、
その気になっています。
そりゃ、買った方とすれば、催促なしのある時払いですから、
「良い人ねえ」とは言うでしょうが、
経理を預かる方としては、ボーナスもなくて爆発しそうです。
儲かっていないならまだしも、
儲かっていても回収ができていないから払えない状態なんです。
これから、どのような対策で売掛金の回収と、
この社長への対策をアドバイスください。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

「資金繰り」には影響しないのですか?・・・・今のままなら「黒字倒産」の可能性も否定出来ません。
「貸倒損失」にして、決算が赤字に為れば・・・社長も深刻に考えるでしょう。
◆経営者には向かない社長ですが、本来仕事は自分を幸福にするための物。
社長自身が”良い人”といわれるこの状態に幸福を感じるのであれば、もはや仕方がないのかもしれません。付き合わされる社員はたまったものではありませんが。
黒字倒産することも会社はあるってわかってるのかね。
あなたがきちんとボーナスの支払いを要求するべきでしょうね。
それができなければ辞める覚悟で。
◆社長には回収する意思が無いのではないですか。
不良債権として、何期かに分けて損金処理してしまうべきです。
未収金のために、架空の利益を計上し、税金を払うのは、
二重の意味でバカバカしいですよ。
その上で、決算結果を見て、会社が赤字転落したのを、
目の当たりにすれば、社長も自分のやった事の愚かしさに、
気付くでしょう。
◆勘定あって銭足らずと言う昔から個人事業者が良く言う言葉です。
完全に現在この状況です。資金繰りの出来ない経営者は経営に向きません。
貴殿が、口酸っぱく銭足らずを社長に言うしか有りません。


コメント