現在高校3年生(男)で来年からKVAという福岡の専門学校に通うもの

現在高校3年生(男)で来年からKVAという福岡の専門学校に通うものです。
私は母子家庭なので母子家庭奨学金というものを借りていこうと思います。 KVAでは1年間で110万円ほどかかり、2年間で220万円必要です。その他にも教科書で5万円かかります(設備費等も含めて110万です)。安値の学生寮を使わせていただきながらもちろんアルバイトもできる限りやろうと思うのですが、実際220万円借りて学校へ通いながら寮代、生活費代を払いながら2年間というのは大丈夫なものなのでしょうか?卒業してから返していくのですが…。奨学金に頼っていくのは情けなく、甘えているのですがどうかご回答よろしくお願いします。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

母子家庭奨学金
→この具体的な名称は?
上記単語で一応検索は掛けましたが出ません。
この奨学金、本当にありますか?
母子寡婦福祉資金貸付金ではありませんか?
この貸付は原則、他の奨学金と併用できません。貸付だけで足りますか?
1奨学金が間に合わない自己資金を用意できるか
一人暮らしを始める場合、学納金だけでなく引っ越しに伴う費用、入寮費、バイト代奨学金が入るまでの生活費(寮費含む)も必要です。
で、KVAのHPを読んできました。
二期制ですので、前期学納金+入学金は入学前。
寮は学校が直接管理している寮ではなく、複数の学校が利用しているものですね。
運営会社、共有設備の有無、部屋内にキッチン・洗濯機設備があるかないか、で寮費や水道・ガス料金設定が違うんですね。
食堂は
・食費が一定で、作る時間を省ける
・自炊スキルがなくてもOK
という一方で
・食堂完備の場合は部屋にキッチンがないものもあり、味や量、メニューの好みが合わなくても利用するしかない
・昼食代は別に必要
・利用時間に制限がある
などのデメリットもあります。
体験宿泊ができるようなので、絶対に一度入寮してみてください。
お昼はですね。
女子ならパンと飲み物とか可愛く済ませることもできるんですが(で、朝と夜にしっかり食べる)
今の昼食はどんな感じです?
それを「一か月分」に換算してみてください。
コンビニでお弁当一個かっても1万5千円~2万円とかになってません?
食堂でも自炊でも、昼食対策にちょっと費用は取っておいて下さい。
話がそれました。
寮の場合、入館費(入寮費)や保証料を入居時に払います。
管理費は一年分をまとめて払う場合が多いようです。
なので「入館費・保証料・管理費一年分」と「最初の一か月分の寮費」で45~50万程度は入学前に必要ですね。
(※物件によって上下します。入寮希望のところで計算してみて下さい。
寮費は「年」ごとなので2年に上がる前に管理費の支払いが来るので忘れないこと!)
学納金・引越し費用・入学式のあれこれ・当面の生活費(3か月分)などを合わせると、ざっと見積もっても150万ぐらいになるんですが……食堂利用を前提に家具・家電の購入をゼロにしてもこれです。
最初に出てきた母子の貸付に、就学前の費用に使える貸付もあるにはあります。
ただ上限が低く学納金にすら足りないので、自己資金は必要ですね。
繰り返しますが母子の貸付は「他の趣旨の制度と併用できません」
他の借り入れを考えている場合はご注意下さい。
さて。
最初の一連の費用をなんとかできたとして、卒業できなければ意味がありません。
次は「毎月の収支」です。
これ、「220万」みたいにどんぶり勘定してはいけません。
奨学金は「いつ」入るのか。
学費や寮費、管理費は「いつ」払うのか。
ここをある程度把握しておかないと、資金がうまく繋がらない事態になりかねません。
まず学費はいつ・いくら納付するのか。
ここから「毎月いくらプールしておかないといけないか」を逆算します。
後期の授業料が9月に60万納付なら、毎月の奨学金から10万+αを学費分として取っておきます。
寮も管理費を3月にまとめて払うなら、それにあわせて毎月自分で積み立てしておきます。
これに生活費を合わせたものが「毎月の支出」です。
対して「バイト代+奨学金」が「毎月の収入」です。
この二つのバランスは
「積立分+毎月の生活費」<「奨学金+バイト代」でなくてはいけません。
毎月の支出は計算できましたか?
いくらになりました?
そこから奨学金で借りる予定の額を引いてください。
それが「あなたが毎月、絶対に稼がなくてはいけないバイト代」です。
予測額をバイト時給で割ってみてください。
それが「毎月あなたが働かなくてはいけない時間」です。
4で割ると「週当たりの労働時間の目安」になります。
週20時間……時短バイトなら週5勤務。課題が多い学生には辛い。
週30時間……時短バイトだけでは足りないので、土日もがっつりバイトする必要あり。一箇所だけでここまで働けないので、掛け持ちが必要な場合も
週40時間……会社員なみ。昼間部の学生にはまずムリ。
時間割が詰まっている学科だと、学校が終わってからバイトになりますよね。必然的に夕方~夜になると思うんです。
食堂や共有バスの場合、利用時間とライフスタイルがあっているかも一考してください。
奨学金は留年分までは出ませんし(奨学金によっては規定年数で卒業できないと判断された時点でとまるものもある)、寮も2年までのところが多いですよね。
卒業できなかったら、学資も生活費も詰まります。
あきらかにキャパを越える労働が必要な場合、就学を延ばして貯金することも、考えてください。
でね。
バイトが何時間できるとか、幾ら稼げるとか、そういうのは実際にやってみないと分からない部分が大きいです。
しかも頑張って卒業したあとに、奨学金の返還が待っています。
奨学金を借りる以上、卒業後は就職する必要があります。
「進学希望のコースが就職に繋がるか?」も大事ですよ。
◆他人事なのにここまで詳しく教えていただき感謝です。
おかげさまで、必要な金額や住むところのビジョンが明確になってきました。ありがとうございます。


コメント