今の生活が嫌です。 高校2年生の女子です。 私には美容師になるという

今の生活が嫌です。
高校2年生の女子です。
私には美容師になるという夢があり 進学したい専門学校も決めています。
当たり前のことなのですが 専門学校に行くにはたくさんの学費が必要にな ります。
私は地方から大阪に引っ越すのでマンションの家賃や生活費も必要になります。
奨学金という制度があるのも知っていますし 大学、短大、専門学生で借りている人が多数いるというのも知っています。
私も最初は奨学金を借りるつもりでいましたが ある日学校の先生から「奨学金借りるくらいなら就職しろ」と言われ、授業の半分以上の時間をかけて奨学金を借りることによって生じる問題の話をされました。
将来自分の首を絞めることになることも分かっています。
でも 美容師の国家試験に合格するにはやはり専門的な技術を学ぶ必要があり、その知識を付けるのに高卒でサロンに就職し、そこから国試への知識を付けて合格するのは難しいとたくさんの美容師さんから聞きましたし 先輩にも8年経った今もまだ合格していない方もいます。
なので出来る限り借りる額を減らそうとバイトを週5〜4で約5〜6時間入り働いています。
それで親には貰っていたお小遣いは進学に貯めておいてとお願いしています。
食費などの生活費こそ実家なのでかかりませんが、季節ものの服やコンタクトの液、その他消耗品など全て自分のバイト代から出す生活を送っています。
最近になり、引越しにかかるお金を計算したところ、以前のようにバカみたいにお金を使っていてはダメだということに気付き、節約を心がけるようになりました。
私の節約の仕方が悪いだけだとは思うんですが 何でも「我慢」続きで おまけにバイトで友達と遊ぶ時間はなく ひとりの時間も少なく、ストレスが溜まる一方です。
「◯◯したい(ほしい、見たい)」と思うと、すぐに「いやでも貯金しないと」となってしまいます。
昔から自分のことはできるだけ自分でやってきていたので 進学にかかる費用も何とかして稼がないとと思ってしまい切羽詰まっています。
周囲には考えすぎたと言われるのですが 自分自身まだまだ甘えている気がしてなりません。
私の家庭環境は複雑で 私は父方の祖母と叔父に育てられています。
自営業なので体を壊してしまっては元も子もありませんし、いつまで健康でいられるかも分かりません。
専門学校に進学させてもらえるということだけでも有り難いと思っています。
ですが、やはり小さい頃からいた家族なので 甘えてしまいストレスが溜まった時に八つ当たりしてしまう自分がいます。
そんな自分が嫌で、またストレスになって、今度は物に当たって、そんな自分に自己嫌悪して、という繰り返しです。
どうしたらイライラを自分の中で押し殺せるようになるのでしょうか。
ここに書かせてもらったのも 一種のストレス発散なのかもしれません。
長々とすいませんでした。
何かご指摘等ありましたらよろしくお願いいたします。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

美容室経営者です。
ちなみに、借金が大嫌いです。
借金が嫌いな人間は借金がストレスになりますから借金に溺れません。
でもね、嫌いだからこそ借りるんです。「ここぞ」という時だけ。
つまり、「この借金が人生を変える」時だけ借りるんです
僕だって、店を作るとき、やむなく借金しました。そうしないと、今の自分は無かったのです。ちなみに、もう、全部返しましたけどね。
でも、車みたいな、どうでも良い物をローン組んで買おうなんて思いません。
随分なポンコツに乗っていますよ(笑)だって、借りてまで買いたくないですから。
今の車も19万で買ったかな。社長の車にしては随分でしょう(笑)
これでも大阪と神戸で3店舗経営しているんです。儲かってはいませんけどね。
僕はあなたの先生とは違う考え方です。
欲しいものを買うのに金を借りる奴はダメです。
しかし、人生に必要な金だけ借りるのは、間違っていません。
世の中にはお金より大切なものがいくつかあります。
そのうちの一つが「時間」です。
お金を貯めてから学校に行こうとすると、時間を失います。
その時間はお金を稼いでから取り戻そうとしても取り戻せません。
「無駄遣いを我慢すべき」なのは間違っていません。
無駄遣いはあなたに幸せをもたらしません。その忍耐力は後で役立ちます。
買い物なんて金持ちになってからいくらでもできます。
でも、「友達と遊ぶ時間」を無くすのは賛成できません。
高校生のあなたが友達と思い出を作ることは、後でできないからです。
高校生のあなたがバイトだけで美容学校の学費を貯めるのはかなり厳しい。
まあ、一部稼げたら上出来でしょう。
足りない分は、奨学金を借りたら良いんじゃないでしょうか。
僕ら経営者も、そういう子が多いのは分っています。
美容の初任給も一昔前よりマシです。やりくりは可能ですよ。
ウチにも奨学金を抱えている子が何人かいます。ひとり暮らしです。
贅沢まではさせてあげられていないと思いますが、皆、返済しながらでも、楽しそうに頑張っていますよ。
もちろん、贅沢な贅沢なマンションに暮らしているわけじゃないですが、ボロアパートに住んでいるわけでもないですし、なんとかなりますよ。
僕が若かった頃は、今より給料が安くて物価が高くて利息も高かったのですから、それよりは全然マシです。
息抜きは上手にね。高い買い物は結局お金が無くなって、あとでツライ。
でも、いまどき、安くてカワイイ洋服はいくらでも売っているし、友達と遊ぶのにしても、さほどお金のかからない遊びなんていくらでもあるはずです。
ストレスと向き合うのはとても大切な事です。
僕も、スタッフのストレス管理には気を使っています。
コツとしては・・・
「ストレスを受けない努力」をしてはいけません。怠け者になってしまうからです。
頑張っている限り、4ストレスはどうやっても受けます。
それよりも、ストレスは「発散する」事が大事なんです。
美容師として失敗されないために、書いておきます。
高卒で美容室に就職すると、どうしても就職先が限定されてしまいます。
できれば普通に昼間部の美容学校に行った方が何かと有利です。
美容学校に行きながら、関係ないバイトをすれば良いと思います。美容師になってしまえば他の事はできません。だから、それも人生経験です。
いろいろな職業の方と向き合うのが美容師です。美容学校の間くらい、多のバイトをすれば良いと思いますよ。
僕も、あなたの事情が全部わかっているわけでもないですが、大阪にいらっしゃるのなら、機会があれば相談にくらい乗りますよ。
美容学校の先生にも知り合いはたくさんいますし、僕も年中忙しいわけでもないです。
美容師って職業は、けっこう、良い仕事ですよ。
◆ご回答ありがとうございます。
まさか御経営者様からお答え頂けるとは思っておらず驚いています。
「ここぞ」というときだけ というお言葉に、なるほど。と思いました。
時間は仰る通り、お金では買えませんよね。
友達との時間も大切にしたいと思います。
専門学校は、アドバイス頂いたように昼間部に通うつもりです。
そこでたくさんのことを学び、回答者様のようなオーナーのいる美容室に入社したいと思いました。
美容師さんって魔法使いみたいですよね。
技術でも言葉でもこうして人を元気にできることって本当に素晴らしいと思いました。
相談に乗って頂けると言っていただけて心強いばかりです。
人生の先輩であり目標である方のご意見を聞けて光栄です。ありがとうございました。
◆高校生なのに、とても真剣に自分の将来を考えていて驚きました。
高校生から進学のことを考えてバイトに節約に頑張ってるって凄いことですよ。
大人の自分から見ても尊敬します。
でも、質問者さんは「頑張りすぎてる」からストレスになってるんだと思います。
私が前にテレビで見た節約方法では、「ストレスを溜めないための策」も一緒に考えられていましたよ。
私が見たものだと、お買い物などは決まった予算の中でするけど、そのお釣りを別の財布などに溜めておいて、それを自由に使えるお金(例えばジュースが飲みたい時にジュース代にするなど)として使う、といったものでした。
私自身も今お金を貯めている段階で、前に比べて趣味にお金を費やしたり、服などを買う頻度も極端に減ったりしましたが、「我慢」ばっかりだとやっぱり私もストレスになります。
発散って必要だと思いますよ。
発散するために何かや誰かに頼るのは、甘えには当たらないと思います。
ただ、誰かを傷つけるやり方以外でできると良いですね。
質問者さんは十分すぎるぐらい頑張ってますから、もっと自分の頑張りを認めてあげてくださいね。
◆さっさと就職したほうがいいでしょう。
美容師になれるかもわからんし、なっても続くかもわからんし。確実なのは借金ができることだけ。
専門に行けば、あなたが嫌いな我慢ばっかりの生活になってしまいますよ
就職すればある程度金に余裕はできます。


コメント