私は外国人です。警察に通報を通じた捜査要請やレンタカー会社を告発

私は外国人です。警察に通報を通じた捜査要請やレンタカー会社を告発したいのですが、どうすればいいですか?
12月7日午後5時に大分空港に入国し、レンタカー会社で1日だけレンタルをしました。 日本旅行を何度もやっ
てみたものの、安全運転をしたからに保険が必要なく、今回も保険を除いてレンタルをしました。
何ら問題なく旅行を終えて22時間が過ぎた翌日午後3時に正常にレンタカーを返上しました。
ところでレンタカーの職員が自動車のバンパーの前の根元(こちらにスクラッチがあると知って詳しくみるのが確認できる程度のギス)にスクラッチが発生したとし、四万円を要求しました。
私たちはレンタルをする間に事故は全くなく、小さいですが,そのスクラッチができそうな道を行ってきたこともありません。(非舗装道路のいなかったこと)
とても悔しくて警察を呼んで欲しいと言ったら、必要したらあなたが歌えという。。。返事を聞いてずっと口論をして、結局、警察が来たが、飛行機の時間が迫って仕方なく、四万円をカード決済して空港に帰って来ました。
もし、私たちが出したスクラッチならお金を払うのが当然です。 しかし、何の事故もなく正常に運転し、いくら考えてみてもスクラッチを出すだけのこともありません。
それで韓国に帰ってメールで各種の書類を要請しました。
1.1ヵ月間のレンタカースクラッチ表示の内訳
2.1ヵ月間のレンタカー修理の内訳
3.私は人のレンタカーの返却の際にスクラッチ確認書類
4.12月7日午後5時のレンタカー会社内のCCTVカメラ確認要請
職員が最初に自動車のスクラッチを確認したかどうか確認したいです。
最初からいたスクラッチを保険適用をしなかったため、故意的に韓国にぼられたことだと思います。
職員は私が見る前で自動車のイギスを確認したと主張するがまったく事実ではありません。
5.契約書のサインが私のものが正しいのかCCTVカメラを通じて確認要請
上の内容を要請したが、何も受けたことがありません。
事実関係を確認したいです。
外国人で、保険適用をしなければこんなにくやしいことをされるのですか?
私はいくら考えても理解できないものです。 真実を知りたいです。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

知り合いなら助けてあげられるのですが・・・。
お金を払ってしまってからでは取り戻すのは困難ですね。
しかし、全く無理ではありません。
それには信頼できる日本人を介入させることです。
そして、何よりも日本のレンタカーの仕組みや契約を知ることです。
地方に行くと、私もよくレンタカーを借りるのですが、日本のレンタカー会社は保険に入っています。(基本料金に含まれています)
個人で入るものでは免責保障というものがあります。
次回借りられる場合、免責保障まで契約されると良いでしょう。
車が大きく大破して自走できない場合は、免責保障があっても、2万円~5万円を別途取られます。
事故を起こした加害者がいれば、その人の保険が適用されますから、それは必要ありません。
問題のスクラッチ(細かなキズ)ですが、それは走行しているだけで小石が跳ねたり、砂塵で傷ついたりするものですから、多少のことは多めに見るのがレンタカー会社の対応です。(飛び石で傷ついたとしても請求されることはありません)
4万円も請求されるなんて、よほど目立つ傷だと思われます。
現物を見ていないので何とも言えませんが、少しの傷では請求されないのが普通です。
スタッフに、「外国人だから取ってやろう」という気持ちはなかったと思いますが、外国人が日本で運転することについては不安を持たれると思います。
詳しいやり取りが分かりませんが、貴方が付けた傷ではないかも知れませんね。
そうゆう時は指摘された部分を写真に残すなどして記録されておかれた方がいいですよ。
そして、納得できないままお金を払わないことです。
貴方がお金を払わなかったからと言って、警察に捕まることはありません。
この回答が正しいかどうかは分かりませんが、「飛行機の時間が無いので帰国します」と言って、その場を後にすれば良かったと思います。
貴方を警察が拘束するには、確たる証拠が必要なので、貴方を引き留める時間や権限はなく、結局はうやむやにせざるを得ない事例になるかと思います。
貴方の国籍、パスポートナンバー、住所は記録されているはずですから、その場を立ち去っても問題ありません。
次回、利用される場合は、キズになりそうな部分を念入りにチェックして下さい。
(ドアミラー、ホイール、フロント・リアカバー、全体的なへこみ)
こうしたチェックを怠ると、初めから付いていたものか、貴方が付けないにしても、駐車中にぶつけられたかの判断が付きません。
一人の日本人として、日本や日本人が誤解されない為にも力になってあげたいのですが、個人情報を載せると削除されてしまいます。
もし、何らかの手段で連絡が取れれば、納得のできる回答を用意できます。
例えば、レンタカー会社と支店名が分かるだけでも良いですが、すぐに削除されるかもしれません。
何か質問があれば、指名して下さい。
できる範囲でお答えします。
◆返信ありがとうございます
私はあまりにも悔しくて費用がかかっても日本にまた行って警察に申告または訴訟をしたいです。 そのことがあって一週間が経ったが、まだ修理費の領収証も受け取っていません。
返却をするやいなや職員が待ち構えていたように腰を下げてスクラッチを見つけて金を受け取ったのです。 他の所は見ることもありませんでした。
初めてレンタカーを借りた当時は、腰を下げて根元を全くチェックしませんでした。
(腰を曲げて注意深く見てこそ確認可)
該当の支店はくに**レンタカー大分空港店です。
◆数年前にレンタカー借りたときに。
まず1日¥1000の保険に加入。事故を起こした時に適応。
車の破損は免責5万だったかな?
これは、だいぶ前から同じ契約方法。
それに加え、ちょっとした傷などに対応する保険「1日数百円」がありました!
加入しませんでしたけどね。
大事なのは、出発前に必ず車の傷確認を二人で確認して書類にサインをします。
返却の時も、そうなんですが。あまり確認しないですね!
飛び石などと思われる傷などは、請求されません。
もしかしたら、外人だから足元見られたかも知れませんね。
今後レンタカー借りるときは、必ず傷の確認を。
ま~レンタカー会社は、少しの傷なんかじゃ修理補修なんてしませんけどね。
中には、アホな日本人もいますから。
なるべく、ケチらず保険に加入した方が良いと思います。
◆レンタカーは基本、免責補償(保険)に加入しない場合、徹底してキズ確認しますね(外国人なら特に)
僅か、1000~2000円の保険料をケチったからですよ(笑)
何回も日本旅行してる割には理解してませんね。レンタカー代金と保険料はくっついていると思っていて下さい(笑)
◆日本人でも同じようなトラブルはあります。
だから保険を掛けておくのです。
とりあえず訴訟しかないでしょう。
ただ、訴訟が真実を知るためのものではないということも理解しておくべきです。
◆お前の管理下で起きたんだろ?
賠償義務を果たせないならば、2度と日本に来ない事です。


コメント