なぜ零戦は艦上戦闘機なのに陸上戦闘機みたいな運用をたくさんされた

なぜ零戦は艦上戦闘機なのに陸上戦闘機みたいな運用をたくさんされたんですか?別の陸上戦闘機だってあったんですよね?
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

フツーに海軍航空隊の進出(または守備)する基地では海軍航空隊の戦闘機が使われました。
まあ。困ったことに海軍と陸軍の航空隊の飛行機はなんやかんやと仕様が違い、陸上基地だから陸軍に戦闘機を借りることはしませんでした。
なお、海軍は基地の防空用として雷電を開発していたけど難航してまして。
その用途でもしばらく零戦を使っていました。
また、零戦は艦載機でもアメリカのグラマン社やチャンス・ ヴォート社の戦闘機ほど重く(頑丈でも)なく、着艦装置など外せば非常に軽快で、航続距離も長いから敵基地への攻撃や輸送船の護衛などなかも便利だった訳です。
ちなみに陸軍は航続距離の長い隼の他に屠竜もこの用途に使いました。
と言うのは、日本はブルドーザーの導入が遅れていたり、飛行場を仮設で手早く作る資材が無かったり(まあ、あったのはアメリカだけですが)で、飛行場を作るのにとにかく時間がかかり、後方の飛行場から長く飛んで戦う必要があったんです。
あるいは、飛行場も航空母艦も無くても、フロート(浮舟)付きで海(や国内の湖)岸から発進出来る水上戦闘機も使っていました。
意外ですが、零戦を元に開発した二式水上戦闘機は軽快で使い勝手の良い機体でした。
フロートってなんか重そうですが。
実は飛行機の脚は頑丈な鋼鉄製などでかなり重く、脚を外してフロートにしたら、そんなに重くならなかったんです。
ちなみに零戦の航続距離が長いのは、爆撃機や攻撃機を護衛して遠くの目標を攻撃する(渡洋爆撃や敵艦隊の攻撃)ためではありません。
零戦が開発された頃は、まだ飛行機で敵の戦艦を沈没させられるとは想像しにくく、戦艦はあくまで戦艦が倒すと考えられていました。
その場合、戦艦は水平線の向こうで直接は見えない敵艦隊を砲撃したりしますから。
観測機を飛ばして、砲弾は当たっているか?とか、どの艦の砲撃はどのくらいズレているのか?を観測させて修正しながら砲撃するつもりでした。
だから、味方の観測機を守る他に、敵に同じことをされないように敵の観測機は絶対に撃墜する必要がありまして。
そのため、常に戦闘機で艦隊を守りたいんですが。
アクシデントなどで戦闘機の交代が上手く行かない場合を考慮して、長い時間飛べるようにと零戦を開発しました。
(結果はともかく、要求は長い時間飛べること!であり、長い距離ではありません。)
でも、この艦載機として艦隊を守るために持たせた能力が、航空基地を基点に展開する時も役に立ったんです。
さて、陸軍は開戦当初に使っていた隼や鍾馗などに実は多少不満があり、また、開戦前に欧米列強の戦闘機の飛躍的な進歩に対応せんと新型機の開発をしていました。
これは、木製機が急速に老朽化して、全金属製の新型機に更新すべき時期に、(全金属製にしたことで)航空機の性能が飛躍的に上り、また重戦闘機など新時代の航空機の開発に対処したことが大きいのです。
海軍は、零戦の方向性のまま進化させた戦闘機の他、局地戦闘機「雷電」の開発を始めます。
ただ、まずは海軍が高速戦闘機開発の方向性を間違えたことが影響します。
メーカーは陸軍の飛燕のような形態を提案したんですが、海軍は太い胴体でも空気抵抗は小さく出来るとして、空冷エンジンで高速戦闘機を作るように指示します。
これが大問題で。
太い胴体は視界が悪い。
また、海軍の研究結果に反して、太い胴体は、自分のプロペラが作る高速の空気の流れを受けて空気抵抗が増大し、計算通りのスピードが出ない。
空冷式なのに機首を細くしたくてエンジンからプロペラまで長い軸を使ったが、そのためか振動が起こる。
大馬力あるいはエンジンに適合するハイオクガソリンが無くてエンジンが異常燃焼を起こしたのも振動の原因では?と疑われてるし。
漫画家「こがしゅうと」氏によると、三枚プロペラの試作機は振動問題を指摘されておらず、四枚プロペラが重くなったのが一番の原因では?とのこと。
(三枚プロペラと四枚プロペラでは、プロペラの羽根の捻りをコントロールする仕組みが全然違い、羽根一枚の差ではありません。)
ついでにメーカーに当初言ってた方針とは全然違う不満を設計が進んだ後に言い始めるなどしまして。
雷電の開発は難航します。
なお、陸軍は中島飛行機の他に川崎航空機にも新型戦闘機の開発を分散させたんですが。
この時の海軍は戦闘機開発を三菱に集中させており、設計メンバーは零戦の改良と雷電の開発に忙殺されてしまい、エンジニアが病気になる事態になっています。
そうしたことから雷電の開発は難航したばかりか、零戦の後継開発も遅れてしまいます。
なお、大戦の後半に登場した紫電ってのは、川西航空機の戦闘機です。
川西航空機は、本来は戦闘機は担当せず、飛行艇や水上機が得意なメーカーでしたが。
海軍は水上戦闘機の開発を川西航空機に指示します。
と言うのは、日本の観測機は、空母の居ない艦隊でも使えるように水上機でして。(まあ、どこの国もそうでしたが。)
さらに、味方の空母がいない状況では、敵の観測機を攻撃する味方戦闘機もいませんから。
日本は観測機を軽快にして、敵の観測機相手に(観測の妨害のための)空中戦が出来るようにしていました。
これが、空母や陸上の飛行場が無い所で戦闘機がわりをしてなかなか活躍してまして。
ついでにいえば、真珠湾攻撃やマレー沖海戦で、飛行機の攻撃で戦艦を倒せると判明した訳です。
(マレー沖海戦が始まる時点で、山本五十六長官ですら、イギリスの新鋭戦艦は航空攻撃では撃沈できないと考えていたそうです。)
つまり、その後はもう空母のいない艦隊が観測機を飛ばして水平線の向こうの敵艦隊を砲撃するなんて運用がされなくなりまして。
観測機は偵察や代用戦闘機としての任務で重用されました。
だから、水上機が得意な川西航空機に本格的な水上戦闘機を依頼した訳です。
しかし、先に紹介した二式水上戦闘機は、この川西航空機に開発指示した新型水上戦闘機が完成するまでの間に合わせだったんですが。
川西の新型機「強風」がなかなか完成しなかったんで、間に合わせの方が活躍。
一方で強風の方は日本が飛行場も無い占領地域を守りきれなくなってから完成したので使い道はほとんど無くなっていました。
さらに、飛行場が無い占領地域を失うってことは、実は飛行艇や水上機の需要が減ることでもあり、川西航空機は将来の収入源を確保する必要がありました。
そこで強風を陸上機に改設計したのが紫電です。
しかし、紫電の改設計は中途半端で、性能的には(最早アメリカの新型機に劣勢な旧型機になっていた)零戦よりはマシな程度。(紫電でも劣勢でした。)
加えて離着陸時の事故(と訓練中の殉職者)も多い難物でした。
川西は陸上戦闘機として完成度を高めた再度の改設計を実施し、これが紫電改となります。
で、少なくとも日本から見ればアメリカの新型機に対抗可能な期待の新型機になります。
日本から見れば、と言うのは、戦後の分析の結果、来襲した空母艦載機群を撃退する程度の性能はありましたが、結局はあまり撃墜出来ておらず、空母に帰られてしまっていると判明したからでして。
まあ、アメリカも勝ちが決定的になると、無理をせず早目に撤退するようになり、それを日本側は撃退や撃墜と誤認した可能性があります。
それでもまあ、海軍からすれば棚からぼたもち的な展開で、川西航空機の「お金ちょうだいよ!」って思いから新型戦闘機が実用化出来たのです。
なお、川西航空機は零戦の軽量化のためのフレームの穴を「バカ穴」とバカにしていたそうで。
紫電改は手間のかかるバカ穴を減らしたおかげで、作りやすい戦闘機に仕上がっていたのも海軍にはありがたいことでした。
(ちなみに零戦の後継の烈風の開発が難航したんで、海軍は紫電改を代わりにしようと考え、三菱に紫電改のライセンス生産しろとか、なかなか屈辱的な命令をしてますし。三菱が海軍の指示とは違う設計で烈風を完成させる奮起を促したようです。)
なお、アメリカ海軍は日本の戦闘機を舐めきってしまったのか、大戦後半に開発した爆撃・雷撃兼用の機体があるんです。
ダグラスBT2D(後にAD1、A-1スカイレイダーとして、朝鮮戦争やベトナム戦争で活躍)ですとか。
ボーイングXF8Bとか。
(これは迎撃戦闘機、長距離戦闘機、爆撃機、雷撃機として使えるとボーイングは称してたんですが、流石に戦闘機としては見るべき性能ではなく、海軍は雷撃機として採用したかったそうです。ただ、ボーイングは陸軍航空隊の爆撃機の製造に忙しいんだろ?ってことで中止してます。)
これらの特徴として、敵の戦闘機を追っ払うための後ろ向きの機関銃が無いんです。
爆撃機・雷撃機兼用の機体の性能が(後にMig-17相手の自衛戦闘で勝ってしまうほど)上がったのもあるんですが、もう日本の戦闘機が後ろから襲いかかるのを撃退する機関銃は要らないってことです。
◆それは、敵の爆撃機や戦闘機の攻撃を基地上空で要撃する防空戦闘機・雷電の開発が遅れたためです。
雷電は防空を任務とする基地を守る戦闘機として開発が進められました。
600km/h以上の速力、零戦より強力な火力を得るためには高出力のエンジンが必要でしたが当時日本には適したエンジンが無かったため爆撃機の大型エンジン(火星型)を搭載します。
しかし、エンジンの直経が大きい火星型を搭載するため採用した、エンジンを後方にずらし延長軸でプロペラを回すシステムが最大出力時に振動を起こす問題の解決に時間が掛かったり、開発が難航します。
開発が遅れたため1943年になりやっと実戦配備出来たのですが前方視界が悪く操縦も難しかったため前戦パイロットには嫌われてしまいます。
海軍の計画では零戦の生産を縮小し雷電を増産する計画でしたが、この様な理由により零戦が生産され続けたのです。
零戦は航空母艦に搭載し、長い航続距離を持つ艦上戦闘機です。しかし、他に適当な機体がなかったため生産され続けたのです。
そして、雷電の開発と同時に行われていた紫電改の方が耐戦闘機戦に勝っていたため雷電の生産は縮小されてしまいます。
B29が本土上空に飛来すると雷電は防空戦闘機として立ち向かいますが高空性能の不足から余り活躍できませんでした。
◆資源の少ない日本は艦上戦闘機と陸上戦闘機併用出来る合理的な戦闘機をつくる為です。
陸軍に陸上戦闘機はありましたが、そもそも海軍と仲が良くなかったので、別々の機体を作らざるを得なかったのです。
◆ゼロ戦は一万機以上も作られた日本唯一の軍用機です。因みにWW2
で日本が作った航空機は陸海合わせて三万六千機程度です。
だから昭和19年前期頃までは、海軍にはゼロ以外の戦闘機は殆どなか
ったので選択の余地はありませんでした。なお、陸軍機は海上を飛ぶ
のは苦手で残念ながらあてにはなりませんでした。
◆海軍の戦闘機種類は「艦上」と「局地」になります、零戦は「艦上」ですね。
「局地」とは限られた一定の地域を意味します、海軍は軍港だったり自基地を守る役割が局地戦闘機です、航続距離を犠牲にしても速度や武装を優先した機体で、今風に言えば相手を迎え撃つ邀撃機です、自衛隊と同じで防空能力はあるが敵地攻撃力が無い。
戦線が拡大する海軍に必要だったのは、敵地攻撃力(長距離移動が可能)がある艦上戦闘機(零戦)だったのです、占領した島に配備しさらに先へ先へと進む。
局地戦闘機の性格上必要なのが大馬力エンジン、しかし日本はこの分野が不得意でした、ない袖は振れません、結果として零戦が色々な場面で多用される事になりました。
◆低速域で失速しにくい。
主脚の設置幅と高さのバランスが優れており、離着陸時のトラブルが少ない。
パイロットの運転技術の不足をカバーしてくれる性能を持っていました。
航続距離、搭載量も考えますと、応用の利く使い方が出来たため、必然的に艦載機の枠にこだわらない運用となったのだと思います。


コメント