個人事業主の開業費の帳簿のつけ方について質問です。 私は今年9月こ

個人事業主の開業費の帳簿のつけ方について質問です。
私は今年9月ころから開業準備を進め、来年の1月に開業します。 店舗を借りるのですが、自宅から遠いため、車を実家から取り寄せ、
①自宅マンションの駐車場(¥10800)また、
②店舗近くの月極駐車場(¥10000)も12月より契約しました。
勤務は週6日で仕事以外に車を使う予定はありません。
その場合ですが、①&②そしてガソリン費はどのように帳簿をつければよろしいでしょうか?
(経費扱いにどこまで出来るのでしょうか?)
また、携帯電話は1台で個人・仕事を兼ねて使用するのですが、
こちらもどのように帳簿をつければよろしいでしょうか?(経費にどの割合で出来るのでしょうか?)
今年9月ころから開業準備のために発生した費用はすべて領収書でとっておいてあります。
この場合、開業にかかった経費は1月の開業日に一括してつければよいのでしょうか?
ご教示のほどよろしくお願いいたします。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

開業おめでとうございます。
税理士に依頼押印なくご自分で青色申告なさる前提でお答えします。
①全額、事業主貸。税理士によるリスク回避がないなら経費にするのはやめておきなさい。
②①の代わりに全額地代科目で必要経費。
③車に運転簿置いておいて1年間 仕事以外の走行距離を記録してみて、仕事以外の走行割合を年末に弾き、年間ガソリン代から事業主貸へ科目振替経理。
④携帯電話代の事業使用割合はあなた本人以外に詳しい方はいないでしょう。
申告書全体の必要経費からすれば、通信費なんて多額ではないはずだと、税務署は過去の類似業種から売上に対する割合をみてます。
ガソリンほど細かく考えず、年間のほとんど又は何割かあなたなりの根拠で決めて必要経費にされて支障ないでしょう。
⑤開業費は、開業日まで支払明細をエクセル等で作成しておき、
まず開業日に開業費//元入金として全額計上。
開業費という科目は必要経費ではなく繰延資産で、年末に減価償却費として複数年に分けて決算整理仕訳をする項目です(詳細は自分で経理本をお調べ下さい)。
税務上は任意償却で償却年数は自由です。
1年目は売上高が少なく赤字になるなら、1年目は償却費が少なくなるよう償却年数を長くしたほうが有利といえます。
青色欠損金の繰越は赤字を3年しか繰り越せませんからネ。
こういうことは税理士先生に依頼されたらお得意だと思います。
❇恐れ入りますが補足や返信機能による追加質問には応じておりません。
頑張って下さい!


コメント