株で大損しており、基礎から勉強中の者です。 何卒、ご教示お願いしま

株で大損しており、基礎から勉強中の者です。
何卒、ご教示お願いします。
日証金の貸借倍率について質問です。
webサイトでは下記の説明が有りました。
****内が質問です。 宜しくお願いします。
日証金残高とは日証金貸借取引残高のことで、日証金とは日本証券金融をいいます。
日本証券金融とは証券金融会社の中の1社で、信用取引の買い建て時に融資した金額・売り建て時に貸した株券を、日証金残高として日経新聞などに毎日発表しています。
証券会社は投資家から信用取引の申し込みがあった場合、自社の中で「信用売り注文」「信用買い注文」を相殺します。
そこで相殺できなかった資金や株券を、日証金から借りるというわけです。
***** ****************************質問 **************************************
自社の中で「信用売り注文」「信用買い注文」を相殺します。と有りますが、どのように相殺するのでしょうか?信用買いはお金の融通、信用売りは株を融通(大株主から借りている)という認識です。お金を貸すのと株を貸すのは別のような気がしますが何をどう相殺するのでしょうか?
例えばAの株を1000株信用買いとA株1000株信用売りがあったとします。
証券会社の中でお金は融通できても、株が融通出来ない場合は、日証金残高は信用買い0 信用売り1000という形になり、実際はトントンなのに日証金速報では売りの方が多いといった具合になるのでしょうか?
********************************************************************************
注意してほしいのは、日証金残高は証券会社内で相殺できなかった分の残高ということです。
証券会社によって資金力が違います。
自社の資金を投資家に融資したり、自社の保有株を投資家に貸したりする場合がありますので、日証金残高は市場全体の信用取引数を把握することには向かないといえます。
株式市場全体の信用取引動向を把握するための情報として、全市場残があります。
全市場残とは、市場全体の信用取引の建玉合計額のことで、全市場残高の略語です。
全市場残を分析することは、株式相場全体の需給関係を把握するために重要です。
全市場残は、東京・大阪・名古屋の3市場と、ジャスダックの残高が発表されます。
毎週1回、週第2営業日(火曜日が多い)の取引終了後に、前の週の市場残高が発表されます。
この情報は、翌日の日経新聞に掲載されます。
信用取引の買い残・売り残と同様、市場全体の買い残が増加している場合は、将来的に「売り決済」を行うことを意味するため、株式相場全体の上値が重くなることを意味します。
売り残が増加している場合は、その逆といえます。
日経平均株価の動向を予測するための参考にしてみては、いかがでしょうか。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

んとね市場では信用も現物もないんですよ。いっちゃえば全部現物。
「信用」が成立してるのは証券会社と顧客との間だけです。証券会社は取引所ではつねに現物決済です。
なのであなたが信用買いを1000株したときには、証券会社はあなたに金を貸して1000株を買いましたという「証文」を渡します。んで実際には証券会社の金で(あなたに貸したことになってる)取引所で1000株を買います。
なんでこの時点で証券会社はあなたに発行した証文とあなたに対する債権と1000株券(実際に)を持っているのです。
んでここに別の客から1000株の空売りの申し込みがあるとその客にあなたは1000株空売りしましたよという証文を出して、手元にある(あなたの)1000株を取引所で売るのです。
これが「相殺」の意味です。んでさらに空売りの申し込みがあればもう手元に持ってる株券はないのでその分を日証金から借りるってことです。
んでんで、わざわざこの質問を私にするということは以前の回答をお読みになってるからだと思うのでだぶると思いますが、信用残と日証金残で将来株価は予想できませんので気にしなくていいですよ☆
◆早速ご回答有難うございます。
信用残と日証金残で将来株価は予想できませんとの事ですが、信用売りが多いと買い圧力、信用買いが多いと売り圧力になり、信用残と日証金残は大いに参考にしており、有る程度予測出来ると思うのですが如何でしょうか?何度もすみません。。


コメント