東京の私立大学についてです。 私はかねてから東京の大学に進学したい

東京の私立大学についてです。 私はかねてから東京の大学に進学したいと思っていたのですが、家が裕福でないのでずっと言えずにいました。今日、勇気をだして話してみたところ、やはり東京、私大、一人暮らしなんて相当お金がかかると言われました。それは重々わかっています。本当はすごく行きたいけど、どう考えても家からそんなにお金が出せると思えません。極端に貧乏なわけではないですが、一般的な家庭よりは確実に収入も貯金も少ないです。
こんな家庭で、奨学金やバイトで、節約しながら東京の私大でやりくりしていくのは不可能ですか?
もう諦めたほうがいいのでしょうか。東京に出て就職したいとも思っているので、大学で地元に残るとしても、いつかは必ず上京したいです。
相当厳しい生活になることもわかっていますし、はっきり言って無謀すぎるなら、スパッと無理だと言われてもかまいません。でも軽い気持ちで言ってるのではないのは理解していただきたいです。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

まず最初に、不可能ではないと思います。
反対意見もあると思いますが、東京で就職したいのなら、東京ではなくとも、首都圏には出ておくべきだと私は考えます。(埼玉東京神奈川千葉など)
なぜなら、東京という都市をあなたの目で直接評価する必要があるからです。
言うまでもなく、東京は大都市です。常に時代の最先端を行く事物が溢れ、遊ぶところは無限にあります。また、多くの人と交流することで、新しい価値観や知識を吸収することもできます。オリンピックも控えているので、至る所で再開発が行われています。(高層ビル建設ラッシュです)
反面、悪い部分も腐るほどあります。
電車は毎日満員です。物価も高いです。地区にもよりますが、犯罪件数も多いです。人が多すぎて落ち着く場所がないと言う人もいます。空気も汚く、鼻水が黒くなることもあります( ;∀;)そしてここには書ききれないほどの都市問題を東京は抱えています。
東京はあなたが抱く理想のままの姿で現れるわけではありません。もしかすると、幻滅するかもしれません。ですから、大学時代をこの良くも悪くも極端な都市で過ごし、あなた自身が東京と言う街を吟味する必要があります。本当にこの街で就職し、長い間生活し続けることができるのかどうかを。メリットデメリットの両方を考慮したうえで判断するのです。生活しなければ見えてこないことって沢山ありますからね。大学時代を地方で過ごし、就職のために上京し、やっぱり東京は自分に合わなかったでは意味がないです。
しかし、経済的な問題は抜きにできませんよね(^_^;)
そこで私からの提案なのですが、学費が免除になる特待生を狙い、さらに給付型奨学金(返済必要なしです)を受けるのはいかがでしょうか。さらに寮や専用の学生アパートに住めば、費用は普通に賃貸アパート借りるよりずっと安くなります。(例えば国士舘大学や帝京大学で特待生に選ばれると四年間学費が免除になります。また、MARCHレベルの大学でも特待生、給付型奨学金などのシステムがあります。そして、トップレベルの大学になりますが、早稲田慶應は資金豊富なので色々援助してくれます。他は自分で調べてみてください)
これらのことを調べたうえで、もう一度両親と話し合うのが一番です。お金を出してくれる人に、何も調べずに希望だけを言うのは失礼です。それでも無理だと言われたら、それはもう諦めるしかないと思います。それはあなたにとって挫折かもしれませんが、挫折の後の人生にも価値を見出せるかどうかが大事です。チャンスは石ころみたいに転がっています。
最後に、大学は1つの学問を深く学ぶ場所です。立地の良し悪しに関わらず、自分の学びたい分野がある大学を最優先にするべきです。
なんか長くて意味不明になってしまった感がありますが、参考までに。
どうなっても応援してますよ^_^
その強い意志を持っていればどこにいても成功できるかもしれません^o^
◆昨今流行りの「しくじり先生」でもないですが、私自身、地方から上京して東京の大学に行ったので、お勧めできません(商学部:東京六大学)。
もっと言えば、東京とか地方だとかでなく、大学進学それ自体をです。
大学進学も資格取得も、要はともに自己投資なわけですが、それにしてはあまりにも割りに合わないからです。
就職事情を心配しての大学進学であれば、新卒市場では中小零細企業でがまんして職歴と社会人経験を積み、学歴も学校名も問われない転職市場にターゲットを設定すれば済む話です。
専門職を目指すといった場合なら、新司法試験は予備試験から目指せば良いだけですし、税理士試験は日商簿記1級合格ルートで、公認会計士試験にいたっては学歴制限がないので、目指すだけなら大学進学は無関係です。
ご参考までに。
◆特待生、支給型奨学金、貸与型奨学金、新聞奨学会、などなど、学費の調達にはいろんな種類があるので、志望校とその学校にある制度を調べてみたらどうでしょう。
新聞奨学生だと住込みで食事付のところが多いので、4年間頑張れるならなんとかなる。ただし、遊ぶ時間は無いです。
◆「大学で地元に残るとしても、いつかは必ず上京したいです。」

「地元の大学に進学して卒業したら上京し就職する」と言う解釈で
宜しいでしょうか?
そうであればこちらの道を選択したほうが賢明です。
一人暮らしの生活費は不要ですから学費だけを捻出すれば済みます。
何故東京の私大にこだわるのか知りませんが、地元に行きたい大学が
あればこちらに進学したらどうですか?
色々計算して厳しい生活を覚悟で東京に出て行っても人生予想して
いなかった出来事が発生する場合もあります。
東京へ出て4年間一人暮らしをして、学費を払う…。
1千万を超えるお金が必要だと言う事を認識しておいて下さい。


コメント