奨学金についてです。私は高1で、近畿在住ですが四国の国立大学に下宿

奨学金についてです。私は高1で、近畿在住ですが四国の国立大学に下宿しながら通いたいと思っています。また、家計に余裕がないため、金銭的な親からの援助は入学金と、家賃(できたら寮に入るた め寮費)くらいに留めたいと思っています。
国立大学に通うと仮定し、日本教育支援機構の第二奨学金(有利子の方です)で月に8万借りるとします。
入学金は除いて、半年に1度25万円程の授業料を払うためには、与えられる奨学金のうち5万程を毎月貯めていかなければならないという事ですよね?
つまり残された(8万-5万=)3万円+自分で稼ぐバイト分しか毎月自分の手元には残らないということでしょうか。
仮定ばかりで申し訳ないのですが、現実味があるないに関わらず、この解釈で合っているか教えていただきたいです。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

うちの息子の場合で考えてみてください。
出費
授業料 44,650円 半期267,900÷6
家賃 39,000円 トイレバスセパレートタイプ 共益費を含む
教材費 10,000円 ノート 筆記用具など サークル費
食費 30,000円 最大値
水道光熱費 10,000円 電気 水道 ガス
通信費 13,000円 携帯代 インターネット
雑費 10,000円 散髪 着替えなど
合計 156,650円
収入
日本学生奨学金 51,000円 第一種 返済13,600円15年支払い
バイト 30,000円 月によって変動有り
仕送り 70,000円 バイトの金額で変動有り
小遣い貯金 10,000円 余り貯めていない
合計 161,000円
これが、普通の大学生の月の収支です。
電気水道ガスは、基本料が有ります。
大学の男子寮利用
大学寄宿舎宿泊 月額2,100円
水道光熱費 月額8,000円
食事なし
徳島大学 男子2人部屋
寮の利用で40,000円程度の圧縮が限界です。
第一種 51、000円
第二種 80,000円
の併用をお勧めします。

◆国立大学の場合、条件を満たしていれば授業料が全額又は半額免除になる制度があります。
また、大学にもよりますが、成績優秀者は後期の学費が免除になる制度を設けているところもあります。
下記のサイトには各大学の学内奨学金についてまとめてありますので、参考にしてください。
さて、学費を差し引いた月額3万円+バイト代で暮らせるか、可能と言えば可能です。
生活費のためにバイトをしすぎて単位を落としたりすれば本末転倒ですし、ギリギリの生活をして身体を壊す可能性もあります。
大学生ともなれば交際費等もかかりますし、一昔前と違ってPC環境なしにレポートの提出や発表は難しいです。
部活動をするのであれば、遠征等もあるかもしれません。
なので、余裕があるに越したことはありません。
そうなると、もう少し・・・と思ってしまうかもしれません。
増額又は第一種と併用して月12万円~あればまず苦労はしないでしょう。
ですが、貸与型の奨学金は返さなければならないということに注意してください。
月8万円だと4年間で400万円弱ですが、第二種の場合は利子がつきますので、最終的に数十万~100万円以上余分に払わなくてはならなくなる可能性があります。
ニュースで聞いたことがあるかもしれませんが、奨学金を多く借りすぎたか、学費分だけだったけど利子が膨らんでしまった人、卒業後の収入が少ない等で返還困難に陥っている人が増えています。
就職難や病気、怪我等、自業自得で済ませるには余りにも酷なケースも少なくないです。
先に書いた免除制度や学内奨学金制度、また、狭き門ですが各企業や自治体の給付型の奨学金を利用すれば学費は大幅に抑えることが可能です。
単純に学費がいくら、生活費がいくらだからこれだけ借りよう、ではなく、後々の事を考えて最小限(ただし無理はしない程度に)してください。
もし可能であれば、一旦は親御さんに学費を出していただいて、就職後に親御さんに分割で返す・・・という方法もありますが・・・どうですかね?
◆参考にー。国立兄弟は授業料全額免除+1種奨学金5万+家教バイトで一人暮しで学費生活費全て自己負担で卒業。兄弟姉妹高校からバイト。最低入学金1校282千円は必要。JASSO奨学金は間合わないよ。奨学金1種国大自宅月45千年54万。自宅外月51千年612千。入学金が厳しい場合国立は入学料徴収猶予制度を申請。その間バイト。授業料年53万5800円(前期26万7900円後期26万7900円)奨学金は学費で消える。他テキスト代やPC代等文系理系で違う。貧乏なら授業料免除申請を忘れずにする。授業料免除について知恵袋で拾った。→ちなみに私の息子が通っている国立大学では、約1800人が申請し1500人が全額または半額の免除を受けています。と。奨学金は大学のサイトをよくみて。JASSO、大学独自の制度、企業団体(返さなくていい給付型奨学金をくれる団体-奨学金.Netや、その他の奨学金【奨学金なるほど相談所】を検索)必ずJASSOと併用可能か確認。私立は早稲田が充実。最悪新聞奨学生→都会。メリットは借金無卒業、学費新聞社負担。URL:
◆そうなります。
寮は食事付きだとは思いますが、休みの日や昼食代は必要です。
光熱費込みですか?
携帯代や光熱費などなど生活費はけっこうバカにならないですよ。
◆高1やな。あのさ、大学行ってからバイトするじゃなくて、春休み、夏休み、冬休みに高校にバイトの許可書もらって家計の足し、学費必要ですって言うてガンガンバイトしたらいいと思うけどな。バイトも表じゃなくて裏方。私の子供らも高校違ったけど、自動車学校と自動車買うお金貯めたよ。できないな、友達と遊びたいならやめとき。奨学金ってあとで還さなくちゃいけないし、時間ある今をいかしたほうがいいと思う。


コメント