大学の学費免除について質問です。 僕は高3でセンター試験が終わりま

大学の学費免除について質問です。
僕は高3でセンター試験が終わりました。
横浜国立の経営学部の会計情報学科を受けようと思ってます。
点数は684/800でした。
もしこのまま受かったとして 授業料免除の基準である学業審査とはどのくらいのレベルなのでしょうか?
他県からひとりで横浜に行って一人暮らしして通うつもりです。
うちは母子家庭で収入も少なく奨学金も第1種に受かり、借りる予定です。
経済的状況はクリアできると思うのですが、学業審査がどの程度なのかわかりません。
入学してから、免除を受けられなかったら生活していけるかわからないくらいの状況です。なので受験するかどうか悩んでます。
横浜国立大で免除などを受けた方や、情報を少しでもわかる方いたら教えてください。
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

センター試験お疲れ様でした。
授業料減免の基準は、ほぼ「一種奨学金」と同じ、と考えていいと思います。
国立大学の授業料免除では、「一種通っている学生が落ち、二種もダメだったような学生が通った」というような、「奨学金とのバランス」を著しく欠くような決定を一番嫌いますから、1つ通れば全部通る、という程度に考えておかれるといいでしょう。
一種奨学金は、高校時代の評定平均3.5以上、です。いかがでしょう。1年生は入試だけでなく、高校時代の成績を見られます。
また、成績や一般的な経済状況ということの他に、母子家庭であることは、学力基準緩和要件の1つですから、有利に働くと思います。
◆お返事ありがとうございます
補足にも書きましたが評定平均は4.2でした。
僕自身親にもなるべく迷惑かけたくないので学費免除にならなさそうなら地方国立大を受けようと思ってたので。
参考になりましたありがとうございます!
◆先進諸国と比較して日本の生活で異常なことは、中学、高校、大学の入学門戸をわざと狭くして子供と親を競争させて[教育費]を自己負担させ政府 の教育支出
をOECD28カ国中最低のレベルで済ませていることです。
本来国が負担すべき子供の教育費を子供同士を競争させひいては親同士を競争させて世界一高い教育費を親に払わせている異常な状態が[当たり前]のように
続いているのです。
(1)子供と親を競争させる現行の[受験競争]システムを直ちに廃止すること
(2)政府の教育予算を現行の対GDP比3.4%%から教育先進国フィンランド
並の対GDP比5.9%に引き上げること(現行17兆円 →30兆円)
(3)財源は、税金で生計をたたている政治家を含めすべての公務員のバカ高い
年収を日本労働者の平均年収390万円にまで下げ、浮いた約17兆円を
全額[教育費無料化]に投入すること。
【教育先進国フィンランドの教育支出額は2005年の統計で対GDP5.9%でもちろ
ん保育園から大学院まで無料です。
[受験競争]システムは文教族国会議員と文部官僚と受験産業の[受験利権]日本の[受験競争]システムは日本独特で受験のための塾や予備校などの[受験産業]を登場させています。
フランスやドイツなどの大陸ヨーロッパや北欧4カ国の教育の無料でしかも[受験競争]がありません。塾や予備校などの[受験産業]自体は存在しな いのです。
日本の場合、東京大学法学部や医学部をトップに各大学を偏差値でランキングすること、東大法学部や医学部への合格者が多い高校をランキングするこ と、格
付けの高い高校への合格者の多い中学をランキングすることで、完璧な[受験競争]システムが完成しています。
◆大学によって違いますが、学科内順位で全額が全体の1/3以上、半額が1/2以上を目安にすればよいと思います。
半期ごとに直前の学期の成績を反映させるので、仮に前期はダメでも前期試験で頑張れば後期の免除は受けられます。
奨学金の選考基準と関係ないはず。大学によって免除基準は違うので。経済状態を満たせば、横国に行ける人はみなさん一種採用です。
二次試験次第だと思います。なかなか難しいですが、入学金免除もあるので、頑張って下さい。


コメント