貴方のお金のお悩みをズバット解決!

マネーエージェント

ゲームを売る

【悲報】ラウンドワンのバイトってどんな仕事しますか??

投稿日:

【悲報】ラウンドワンのバイトってどんな仕事しますか??

ラウンドワンのバイトってどんな仕事しますか??

ラウンドワンのバイトってどんな仕事しますか??

アンサー

どんな事をするかって言ってもラウンドワンにはカラオケ、アミューズ、スポッチャ、ボーリング…沢山あるので…。
私はカラオケでしか働いた事が無いので他の部門についてはあまり分かりません。
【カラオケ】
キッチンの人、フロントの人、デリバリーの人分かれます。
キッチンは勿論ご飯を作る。
フロントは受付、精算。
デリバリーはご飯を運ぶ。
(因みに私の所は受付後ビジットって事をしたりします。)
【ボーリング】
フロントの人、ボーリング場にいる人(何をやるかは分からない)
…あとは分かんないです。
【スポッチャ】
フロントの人、フードコートでポテトとか売る人
…あとは分かんないです。
【アミューズメント】
ゲームセンターの中をグルグル回ってお客さんの接客、機械のメンテナンス
…あとは分かんないです。
カラオケ以外パッパラパーです。
他の場所に行く事はデリバリー以外ではあまり無いので…。
お役に立てずすみません。
因みに…私の所だけかも知れませんが…。
ラウンドワンは【接客】に力を入れています。
【声掛け】【待機スマイル】
沢山練習させられました。
正直辛いです…。
でも楽しい事もあるのでオススメです。


質問タグ:ラウンドワン,スポッチャ,デリバリー,ボーリング,バイト,フロント

【コラム】不要な保険をやめて貯蓄に 回したいので勉強させて下さい 6年前に加...

不要な保険をやめて貯蓄に 回したいので勉強させて下さい 6年前に加...

不要な保険をやめて貯蓄に 回したいので勉強させて下さい
6年前に加入した保険です
現在、夫40歳・私30歳・子供8歳・4歳
加入時は喫煙者・良?ポリープ有・子1人だった
私は子宮内膜症+1人目帝王切開が過去あり
2人目の帝王切開には保障は無かったです
持家有(実家)・運転手
老後→厚生年金
プランナーさんは年の差と
夫の職業?を気にしてました
ソニー生命(保険期間)(払込期間)
(夫)
変額保険終身型A(終身(65歳)
⇒200万 ¥3322円
家族収入定額型(70歳(65歳)
⇒年金月額10万 ¥6950円
生前給付終身保険(終身(65歳)
⇒200万 ¥4680円
リビングニーズ・ナーシングニーズ特約付
総合医療保険60日型(終身(65歳)
(低解約返戻金)(死亡給付10倍)
⇒日額7000円 ¥3346円
入院初期給付(終身(65歳)
⇒日額7000円 ¥581円
先進医療(5年(5年)5年毎更新型
⇒通算1000万 ¥55円
特定疾病診断給付(終身(65歳)
⇒100万 ¥1380円
抗がん剤治療(5年(5年)更新型
⇒月額5万 ¥140円
入院時手術給付(終身(65歳)
⇒7万 ¥161円
退院給付(終身(65歳)
⇒5万 ¥875円
5年利差配当終身介護(終身(65歳)
(死亡給付倍率5倍)
⇒年額30万 ¥4470円
5年利差配当介護一時金(終身(65歳)
⇒40万 ¥768円
●合計26728円
(子供2人)
5年利差配当付学資(17歳(17歳)
⇒満期学資金140万 10822円(夫契約
⇒満期学資金140万 10388円(私契約
・中学進学時42万
・高校進学時42万
・大学進学時140万
※共済に医療保険加入検討中
(私)
生前給付終身型98(終身(55歳)
⇒200万 ¥3550円
リビングニーズ・ナーシングニーズ特約
総合医療60型(終身(55歳)
(低解約返戻金)(死亡給付10倍)
⇒日額6000円 ¥2742円
入院初期給付金(終身(55歳)
⇒日額6000円 ¥468円
先進医療(5年(5年)5年毎更新
⇒通算1000万 ¥55円
入院時手術給付(終身(55歳)
⇒6万 ¥138円
抗がん剤治療(5年(5年)更新型
⇒5万 ¥130円
特定疾病診断給付(終身(55歳)
⇒200万 ¥1860円
●合計8943円
自分で色々調べる内にわからなく
なってきてしまいました(泣)
保険見直しの会社は手数料の良い
保険を勧めてくるのではないか?
今の保険では通院程度(仕事不可)の
怪我では保障が無いという事なので
本当に心配なのは運転手なので怪我や
病気で仕事が出来ない間の生活費
終身医療保険は本当に必要か?
本当に無駄?でも掛け捨てだけじゃ不安
なら医療保険料分を貯金した方が?
必要無いと判断した介護年金は解約予定
最終的には
「特定疾病」と「ガン保険」と「家族収入保障」
の3つで良いのでは…?
毎月の保険料が約6万円…
生活は出来ても貯蓄が出来ないので
どうにか勉強して保険を見直したい
が専門用語が多いのでわかりにくいです
でも県外の担当者様には何て伝えたら
良いのか解約?減額?必要な保険は残せる?
因みに見直しを検討していると伝えたら
貯蓄型の保険をプラスで勧められ毎月の
支払い額は増える事になるし残念な対応…
とても信頼していたので残念です
うまく説明出来ず申し訳ありません
お力添えをお願いします

アンサー

どんな時の保障が必要か?
でも将来どうなるか?誰にもわからないから確率だったり、経済的リスク高いものを優先に考えるしかないと思ってます。
あと、どうしたら保険料安くなるか。
いざという時、給付を受けやすい保険に加入するか。
これも大事かと思います。
保険にできること。
保険以外でもできること。
保険にしかできないこと。
どう備えるか?
は家族で選択したら良いでしょう。
変額終身A
ハイリスクハイリターン保険。
何故Aかな?解約返戻金を狙ったのでしょうか?
しかし、これは死亡保険金として受け取るべき保険かと。
収入定額
70歳までは何故?
妻は働かない設定?
下の子22歳までで良いかと。
長生き時代にムダになる掛捨て。
生前給付
必要ですかね?
医療保険
払込期間が65歳?
医療の進歩で保険が変わる場合に、見直ししにくいです。
月額安くしムダをなくす意味でも終身払いが良いかと。
将来給付されにくい保険持ってても意味ないですから。
終身介護
介護は将来的に公的な制度も変わる事があるかも。
旦那の介護は保険で無くても良いかと。
きっと、奥様が看護しますよね。
あっ。解約予定でしたね。
※問題は妻が1人になった時の妻の介護や施設費用かと。
これをどう準備するか?
子供の学資
支払よりリターンが多いなら問題なし。
逆に大学140万だけで大丈夫?
中高進学時は無くても良かったかも。
保険の見直しは、手数料高いのを進められる(笑)
無いとは言いませんが、家族の保険加入目的に合っていたら関係ない話かと。
仕事できない時は、傷病手当金があるから一年半は2/3の所得になる。
足りないぶんは貯蓄から。
後遺症など残る場合やガンなどで就労不能時は障害年金もあります。
この辺はソニーのプランナーは何か言わなかったですか?
どう備えるか?
変額終身65歳払込を提案してる時点で?は付きますが。
妻は働いてますか?
もし働いてないなら大至急検討を。
最終的な部分
ガン保険と収入保障保険は必要だと思います。
この先ガンの発見が血液検査だけで可能になり、ガンと診断される人が増える予想もされています。
特定疾病は?
ガンに絞ってガン保険じゃないのか?
整形外科リハビリ入院や精神的入院が長引く入院となる場合が多いのですが。
保障と貯蓄をまとめる考えはアリだと思います。
銀行に置いといても増えないし、逆にインフレや増税で目減りしますから。
貯蓄できる時期は上の子が18になる年。あと10年。
それからの8年は教育費により厳しいでしょう。
この10年に何に使う貯蓄を優先したいかで方法は変わります。
家族の収入と支出を洗い出さないと正確には判断できませんが。
今言える事
医療保険の払込期間を見直す。
今後解約するにしても65歳以降の保険料を今支払いしてる事になってるからムダ。
最低限の日額にして、保険と貯蓄で準備した方が良いかと。
先進医療は必要だと。
ちなみに、
医療保険系は他社に良い保険があるのでそれも検討。
妻の保険も旦那と同じように考える。
妻の年齢差について
プランナーの提案は?
通常は。旦那の死亡保障の葬儀代に上乗せするのが得になるはずなんですが。
あと、大学の教育費は?
貯蓄がないと足りないと思われます。
お二人のお子さんがストレートで進学した場合。
8年連続で年に100万は必要になります。
自宅から通う前提で!です。
奨学金を使う事になるかと思いますが、支払いの対策が大事になります。
子供に支払わせるケースが増えていて社会的な問題になっていますから。
貯蓄型の保険は将来的にメリットになりますが、掛捨ては基本的にムダになるケースも多いから支払期間なども含めて慎重に選ぶ必要があります。
寿命も延びて100歳時代。
旦那65歳で働かない設定で保険を組んでますが、現実的でないです。
30年程働かないで年金だけ?で生活するのは無理があるかと思います。
老後資金を含めて、いつどんなタイミングでどの位金額が必要になるのか?
平均値でしかイメージ出来ないですがライフプランは必要だと思いました。
仮に支払額が増えても
使いたい時に使える貯蓄タイプなら問題なしですよね。
増えない貯蓄と掛捨て保険の併用が一番ムダになります。
教育費
死亡保障
医療・ガン保険
合わせて妻の介護施設費用
の対策が必要かと。
バランスよく使いたい時に使えるものを選んで下さい。
貯蓄できるのは
今から10年と
今から18年先からになります。
まだチャンスはあります。
自分だけだと考えつかない部分が多いと思いますから、やはり相談して納得できる提案を受けた方が良いでしょう。
よいプランナーに出会えますように!
少しでも役に立たは幸いです。
過去の回答も参考になるかと思いますので、時間あったら見てください。
◆考え方が色々あり、私の考え方はアホのようですが(笑)
病気する事なく70歳くらいにピンピンコロリと亡くなるんだったら保険はいらないかもしれません。
でも多くの方は残念ながらそうではありませんよ。
私は見直しを一切しないとは一言もいってません。
むしろ医療保険などは見直しを前提に話をしています。
保険屋が決めた定期の満期にちょうど良くライフプランや医療情勢・保険はかわるでしょうかね?
少なくとも老後と言われる収入が落ちた年代に更新した高い保険料を払わせる事が良いことか?疑問です。
せっかく貯まってた終身の積立を崩して、転換させて、見せかけで保険料安くして、70歳までとか、何人も見ています。
長生きしますよ。
次の更新はどうします?
必ず人は亡くなります。
しかも40年前と違って長生きします。
例えば葬儀代に200万かかったとしたら貯蓄なら今残高に200万無きゃダメですが、終身保険なら総支払額110万程ですみます。
どれを選びます?
◆外資の保険代理店やってる者です。
ウチの商品とは異なるので客観的に僕なら、、、という意見ですのでご参考までに。
約6万の保険料の内、お子様の学資(計約20000円)は貯蓄としていずれ返ってきますし、ご夫婦に万が一あれば死亡保険金として支払いに上乗せしてお子様が受け取ることになりますので、ここは支払いを頑張りましょう。
と言うのも、学資を準備してくれる親御さんがあまりに少ないので、お子様が奨学金という形で将来負の財産を背負うことになるからです。
僕もその1人で、40歳まで月2万のローン地獄です笑
さて、他に見直せる所といえば、ご主人の収入定期型を半額に下げる。
65歳までに亡くなるリスクは人口のたった8%です。少ないリスクには極力掛け金を減らしましょう。それに、旦那さんや奥様に万が一の時、国からも遺族年金と言う形で収入定期保険と同じように月約8万~10万支払われる事をご存じですか?条件はお子様が18歳になるまでですが、収入定期と国の遺族年金の重複分を減らすという意味もあります。
他には今話題の介護特約も僕は今だけ見るなら外しても良いと思います。
細かいとこまでみれば退院特約も!これはそもそも何日以上の入院が条件なはずなので、貰いにくいです。
ぱっと見たところこの商品を減額するならこんな所でしょうか。
個人的には、支払いもそれぞれ短期払いで今は高いですが、後の支払い無し期間の恩恵を考えると悪くないですし、過度な保障もなくバランスが良いと思います。
ただ、保険は継続してなんぼなので、支払い困難で途中解約したり、生活が苦しくなるのは本末転倒です。
そうなるようでしたら、支払ってきた6年間は勉強代として解約して、他の保険会社で全て根本から見直すのも一つです。(保険料自体はぐっと下がりますが、年齢での保険料増加、支払い期間の延長、保障の減額は覚悟してください)
内輪な話、6年経過した保険には解約も減額も担当者さんは痛くないので、今回の質問者様の悩みをシンプルにぶつけてみたら素直に動いてくれると思いますよ!
良くなることを祈っています!
◆基本的なことですが、保険料は給料の1割程が妥当です。
そして大事なのは、支払総額です!
これ本当に重要!月々の支払いに対していくらお金が戻ってくるか!これ知らないで払い続けてる人多い!
何歳から65歳まで月々支払っていくらになるか計算した方がいいですよ!
いくら無駄にしてるか気づきますから!
まず65歳までに旦那様が死亡した場合に、不要になるお金を引きましょう。
旦那様の自動車保険や携帯代、お小遣いなど色々必要無くなりますよね。そしてお子様が2人いるので、国からお金が貰えます。遺族年金なども貰えます。それを踏まえた上で、残りいくらあれば暮らしていけるのか考えます。
月々10万なら掛け捨ての定期保険は残しておくべきでしょう。
旦那様の終身2つ加入されてますが、1つにした方がいいと思います。保険の名前だけですと、どんな保険内容か分かり兼ねますが、65歳ってどーゆーことですかね?終身ならいつ死んでも必ず入るお金なんですけど、、、
まぁそんでそのお金は葬式代に200万ですね。
特定疾病ってどの病気ですか?病気によって遺伝でないと発病しないものばかりの保険があるのでほぼ必要ないかと思います。
医療系も沢山入られてますが、掛け捨てなら貯蓄のものに変えるべきです。
介護のはよくわからないので、医療系のものを貯蓄タイプにして、それを介護が必要なときに回せばいいと思います。
お子様は医療保険必要ないです。お金稼いで無いので。貯金してください。
今は学資も元本割れですので、貯金した方が無難です。
とにかく保険のセールスは不安を煽ってやたら保険に加入させますので、きをつけましょう。
お金は大事です。
保険は補うものですからね。
◆うちの場合、妻、大学生、持家ですが、
生命保険:1000万円の生命保険に以前加入していましたが、30代で解約。
医療保険:全労災→県民共済に鞍替え。(夫婦で8千円)
個人年金:60歳から65歳に受給出来るものに入る。
学資保険:100万円で生まれたと同時に加入(満期18歳)
生命保険は私が死亡しても、持家があり住むには困らないので無駄と思い解約。
医療保険は健康保険が充実しているので、入院時の補完が出来る程度で良い。
個人年金は60歳から65歳の収入減に備えて年50万円のものに入る。
参考になれば。
◆2017/10/1の22:52:02のご質問者の方ですよね。
その時に回答したので、重複回答は避けさせていただきます。
生命保険の本質としては、少ない掛金で大きな保障を得るということだと私は思います。不安で、あれもこれもとなっていてはきりがありません。逆転の発想で、例えば、理想の家を建てるのに、あれもこれもとなっていては、金額が上がってしまってきりがありません。
理想は、生命保険に頼らないことです。なぜならば、生命保険は損をする可能性が高いからです。しかしながら、現役時代や若い世代はお金がないですし、死亡保険などは、保険は損得ではないので、必要な時期に必要な保障だけ、生命保険を頼って、加入することが理想だと思います。もちろん生命保険に求めるものは、少ない掛金+大きな保障ですので、掛捨ての定期というのが基本だと思います。もちろん潤沢な余裕資金がある方は、終身保険などの貯蓄型保険に加入されるのを私は否定いたしません。
以上の意味では、gosho_miuraさんやrito_rusさんの意見は参考になるかと思います。
◆知恵袋では終身保険を勧めるアホな回答者が多いですが、私は一貫して掛け捨て定期を勧めてます。
終身は、死ぬまでの保険料をならした平均値になる保険料を一生払うという仕組みです。
そのため、確かに一生保険料が上がらないということは言えますが、死ぬまで50年あったとしたら、25年は割高になるということです。
そこで問題なのは、20年、30年、40年、50年と、本当に続けるのか?という点です。
まず大半の人が、そんな何十年も同じ保険を続けません。ライフスタイルの変更などにより、見直したい時期が必ず来ます。
だったら、先に割高な終身など、損する可能性が高いのです。
それよりは、私は年齢で保険料が上がるのは仕方ないなら、必要な時に見直しやすい掛け捨て定期が一番だと話しています。
もっといえば、私自信は老後は保険自体不要だと思ってます。聞かれたら、それについては説明します。


質問タグ:終身,日額,生前給付終身,低解約返戻金,特定疾病診断給付,掛捨て,生命保険

-ゲームを売る
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© マネーエージェント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.