貴方のお金のお悩みをズバット解決!

マネーエージェント

保険料を見直す

【7選】生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに…安倍政権に騙され弱...

投稿日:

【7選】生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに…安倍政権に騙され弱...

生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに…安倍政権に騙され弱...

生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに…安倍政権に騙され弱者が弱者バッシングに走る日本社会=技術革新による生産性向上に挑戦する企業には法人税20%に減税し、弱い国民を叩く政治を支持しますか? ://lite-racom/2017/12/post-3646html
20171211
安倍首相の言う「全世代型の社会保障」とは一体なんだったのか──。8日、厚労省は生活保護費を引き下げる検討に入った。食費や光熱費といった暮らしの根幹にかかわる「生活扶助」を最大1割程度引き下げる方向で、しかも、見直しの必要があると判断した理由は“一般の低所得世帯の消費支出より支給額が多い”からなのだという
毎日新聞によると、〈「40代夫婦と中学生、小学生」(大都市部)の4人家族〉の場合はカット幅が最大137%におよぶ見込みで、〈65歳以上の夫婦の世帯も10%超のカット〉〈母子家庭に対する加算(母子加算)平均2割カットになる可能性〉と伝えている
一般低所得者世帯の消費支出よりも支給額が多いというのなら、見直すべきは低所得者世帯の消費支出が低い原因のほうであり、それは最低賃金が低すぎることに起因している。そもそも、2007年の法改正よって最低賃金は生活保護基準を上回るようにしなくてはならなくなったが、生活保護基準が引き下げられれば最低賃金も引きあげる必要はなくなってしまう。景気によっては、生活保護基準にあわせて、最低賃金が引き下げられる状況すら起こりかねない。これでは一般低所得者世帯の消費支出はますます下がっていくだけ
生活保護基準の引き下げは生活保護受給世帯だけの問題ではない
生活保護基準は、そのほかの制度でも目安に用いられている。たとえば、低所得世帯に対して小・中学校の学用品費や給食費、通学費、修学旅行費などの援助をおこなう就学援助や、国民健康保険の保険料・一部負担金の減免などが自治体によっては生活保護基準額に一定の係数をかけて認定基準を決定している。さらに、都道府県による高校奨学金や大学による奨学金の基準も同様
しかも、生活保護基準が下がれば住民税の非課税基準も下がり、課税対象者は増える。そうなると、非課税か否かで負担額を決めている高額療養費や介護保険の自己負担額、保育料などのさまざまな制度にも影響が出る
安倍首相が選挙で掲げた「高等教育の無償化」も、選挙後に無償化の対象を住民税非課税世帯(年収約250万円未満)で検討中だ。それでなくても無償化の対象が狭すぎると批判があがっているのに、生活保護基準の引き下げによってさらに対象者が少なくなる可能性がある
弱者をターゲットにする一方、安倍首相は「革新的な技術により生産性向上に挑戦する企業」に対する法人税を20%まで引き下げる方針を打ち出した。企業への優遇措置によって税収はさらに落ち込むが、その分、貧困層に大打撃を与える消費税を増税し、社会保障費も削ろうというのである
ターニングポイントは自民党が仕掛けた河本準一バッシング
だが、生活保護基準の引き下げは「全世代」の生活に直結する問題だというのに、「生活保護受給者のほうがいい暮らしをしているのはおかしいから賛成」などと歓迎する声があがってしまうのが、いまの日本だ。現況をつくり出したのは、言うまでもなく自民党による「不正受給許すまじ」という「生活保護バッシング」にある
あらためて振り返れば、「聖域なき構造改革」によって所得格差を拡大させ貧困を増大させた小泉純一郎首相は、生活保護費を削減。これと同時に全国で「水際作戦」が多発し、孤立死や自殺に追い込まれたケースが頻発した。これは「行政による殺人」と言うべきもので、さらには生活保護を受けられずに餓死するという事件が立て続けに起こった
にもかかわらず、2007年の第一次安倍政権では生活保護基準の見直しを打ち出し、歩調を合わせるようにメディアでも生活保護の不正受給に対するバッシングが徐々に増えはじめた。今年1月に問題が発覚した神奈川県小田原市で「保護なめんな」とプリントされたおぞましいジャンパーがつくられたのは、ちょうどこのころ
そして、生活保護バッシングの決定打となったのが、2012年4月にもちあがった次長課長・河本準一の親族が生活保護を受けていた問題だった。河本のケースは不正受給など違法にあたるものではなかったが(後の法改正で扶養義務が強化されることになる)、これに自民党の片山さつき議員や世耕弘成議員が噛みつき、メディアに登場しては河本の大バッシングを展開。同年1月には、札幌市で40代の姉妹が生活保護の相談に出向きながらも申請に至らず死亡するという痛ましい事件が起こっていたが、生活保護の重要性が謳われることなく片山の主張と同じようにメディアも「不正受給許すまじ」とバッシングに加担。「生活保護は恥」などという空気を社会につくり出していった
ほとんどいない不正受給、一方、先進国で最も少ない生活保護受給者
転載(抜粋

アンサー

「教えてくれ、生活保護は賃金なのか??」
「最低賃金とは関係なし」
→最低賃金の算出根拠の一つとして、生活扶助費が使われていますから、生活扶助費が下がる事は、最低賃金が下がる事に成ります。
「低所得世帯の収入よりも上回る額を得てしまうことで」
→生活保護では、資産・所持品等を含む収入以外が生活保護の認定基準に有り、収入が認定基準に有れば、生活保護が認定され、満額時の生活扶助費と、収入との差額分が生活扶助費として支給されます。
「不正受給の防止のために生活困窮者が餓死するなどは、保護費の引き下げとは全く別の問題です」
→?
「保護費の引き下げ」と「不正受給者の数」の相関の方が意味不明。
不正受給者は、1万円でも不正に入手できれば、それで良いハズで、保護費引き下げは、不正受給者減らしに貢献しないと思いますが。
「低所得世帯の収入よりも上回る額を得てしまうことで、勤労意識が薄れ、生活保護から抜け出せなくなることの方が問題ですよ」
→問題点が違うと思いますよ
殆どの働ける生活保護者は、求職活動をしても就職出来なかった人で、一度生活保護に成ると、就職したくとも、雇って貰えない事が多いダケです。
(生活保護に成ったと言う事は、まともな保証人も立てられないので、雇用し、何か問題を起こし損害を被ると、事業者自身が負担する事に成るため)
生活保護者の雇用を進めるには、行政が雇用した企業にインセンティブを与えるしかないと思いますよ。
(例えば、公共事業の入札条件には数年以内の生活保護者の雇用実績が必須だとか)
◆ご回答戴き有難うございます。
他の回答者の主張に適切に反論して戴き感謝します。
全くおっしゃる通りだと思います。
◆生活保護でなく年金制度もいっそすべて廃止にしたほうが
いいのではないかと思う時あります。
そうしたら1から自給自足で働く人もふえて
景気がよくなるのではないでしょうか。
◆働いている人より働いていない人の方が多くお金をもらえていた今までの状態が異常だったと思います。
近年の日本では、経済はゼロ成長でも最低賃金は継続的に上昇しています。1990年のバブル崩壊時には約515円だった最低時給は、今年2017年で848円になり、過去28年間で648%増加しました。
特に第2次以降の安倍政権下では上げ幅が大きくなっており、749円→848円と、過去5年間で132%も増加しています。
s://fumiya-tblogspotjp/2016/05/blog-post_35html
◆「革新的な技術により生産性向上に挑戦する企業」って
まさか自分たちに都合のいいお友達企業ばかり選ぶんでしょうか…
◆弱い国民を叩く政治?
「絶対にそれが正しい言い方」って決めつけてるけど
ほんとにそうかな?
そんな言い回しだから
生活保護カットに賛成する人が増えるんだと思うよ?
無駄にダラダラ引用コピペしてるのって
左側の人の特長だからさ
「ああ、この意見は信じちゃダメだ。」って
誰しもが感じる分かりやすいサインだよねw
◆>生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに…
教えてくれ、生活保護は賃金なのか???
賃金とは働いた代価だと思うのだが。


質問タグ:最低賃金,低所得世帯,不正受給,生活保護基準,消費支出,tiezou,不正受給者

【Q&A】東京でJCBギフトカードが使える漫画喫茶又はネットカフェはありますで...

東京でJCBギフトカードが使える漫画喫茶又はネットカフェはありますで...

東京でJCBギフトカードが使える漫画喫茶又はネットカフェはありますでしょうか? また、使える場合どの店舗でしょうか?
教えて下さい。

アンサー

「金券ショップ」で・・・
【JCBギフトカード】を
売却して 換金せよ!?


質問タグ:ネットカフェ,JCBギフトカード,漫画喫茶,店舗,東京,金券ショップ

【悲報】親子間での金銭消費貸借契約と贈与について。 マンション購入資金を父...

親子間での金銭消費貸借契約と贈与について。 マンション購入資金を父...

親子間での金銭消費貸借契約と贈与について。
マンション購入資金を父から借りる予定です。その場合、父から贈与を受けることはできるのでしょうか。
出産と主人の転勤が重なり、私は現在 は仕事をしておりません。
両親からは、いずれまた仕事するのだし、将来何があるかわからないのだからと、少しでも多くの区分を保有することを勧められ、父からお金を借りることになりました。
ただ、一つ気になるのが父からお金を借りているのに、父から贈与を受けることが可能なのかということです。
我が家は家督を兄が継ぐかわりに、私は結婚後に父から毎年援助をしてもらっていました。父は、私がお金を借りたあとも贈与をしてくれるつもりなのですが、可能なのでしょうか。
よく「年間の利息(金利?)が110万円の範囲以内であれば、利息は贈与とみなされる」という話は聞きますが、父へ返済する元本と利息が110万円に収まった場合、どのように税金や贈与の申告をすれば良いのでしょうか。
例えば、毎月、元本6万と利息2万を父へ返済するものの、別途、父から100万円の贈与を受けるというような状況です。
一度、税理士先生にもご相談をしようと思っておるのですが、私自身に知識がなく、また子供も幼いため、わかる方に教えて頂けますと幸いです。

アンサー

「金銭消費貸借契約」と「贈与契約」は、全く別の契約ですからお父さんとあなたとの間で並行して行う事が出来ます。
そして、ご両親からの「マンションを少しでも多くの区分を保有すること」のアドバイスは正しいと思います。
現在、無職であり、あなたに毎月「元本6万と利息2万」の返済は出来ますか? 毎月8万円は大きいと思います。お父さんは、通常の金利相当分に関しては雑所得として申告する必要があります。
(お父さんが給与所得のみで年間20万円以上利息を貰わないのであれは確定申告の必要もなくなり、税金も払わなくても済むことになります)
仮に働きたいと思っても保育園が必ず見つかるとは限りませんし、あなたが貯めたお金が手元に充分にありますか?
「金銭消費貸借契約」で返済額・振り込みによる返済方法を決めたとしても、親子間でありがちな「ある時払い」「出世払い」がよくあります。
税務署は、納税者の収入・所得と死亡者を把握していますし、来年29年から「マイナンバーの記載」を求められますので更に把握しやすいです。
お父さんに万が一が起きた場合、そのお父さんが相続税が課せられる程の財産を遺され、申告・納税した後、税務署が把握している額より相続財産が少ないと判断された場合、税務調査が入り、その返済の実績を調査されます。
但し、配偶者であるお母さんが、その時はご健在ですから税務調査は入りにくいかもしれません。
税務署が、それを「お父さんの相続財産とみる」のか「お父さんからあなたへの贈与とみる」のか、税務署の判断になります。
「贈与契約書」がなければ「相続財産」とみなされると思います。
税務署の判断に不満があるなら、それを覆すだけの証拠書類が必要です。
実態に合わせての手続が、一番無理がないと思います。
①お父さんが負担する額だけマンションの所有権の持分とし、あなたと夫との共同名義とする。
②「固定資産税」はあなたの夫宛になると思いますが、お父さんの持分だけの固定資産税を夫名義の口座に振り込む。
③マンション管理費等も②と同様に振り込む。
(一寸、②と③には、手間暇がかかりますが・・・)
勿論、仲介手数料等も持分だけお父さんが支払います。
④お父さん(贈与者)とあなた(受贈者)の間で「贈与者がお亡くなりになったら○●を受贈者にあげます」との契約である「死因贈与契約書」を作成します。
ひな型は検索するとあります。
注意点として、
*贈与者と受贈者双方の合意がないと撤回できません。
*契約なので相続放棄はできません。
*贈与税ではなく相続税の対象となりますので通常の贈与税よりも有利です。
*不動産取得税は、誰でも税率4%が計算されて課税されてしまいます。
*登録免許税は、1000分の20。
*贈与契約の執行者が指定されていない時は、死因贈与者(お父さん)の相続人全員が登記義務者の地位を承継します。
その為、
所有権移転登記は、受贈者と贈与者の相続人全員とが共同して申請をする必要がありますので、執行者を受贈者のあなたに指定しておくと相続人の協力を得ること無しに、死因贈与による所有権移転登記がおこなえる訳です。
但し、
執行者が指定してある「死因贈与契約書」が公正証書で無い場合には、その「死因贈与契約書」に贈与者が押印した印鑑についての印鑑証明書、または贈与者の相続人全員の印鑑証明書付き承諾書を添付しなければなりません。
*公正証書による「死因贈与契約書」で、執行者を指定している場合には、上記の印鑑証明書等は不要です。
たとえば、
受贈者と執行者が同一人であるときには、受贈者が誰の協力を必要とすることもなく所有権移転登記が可能となります。
*「死因贈与契約」の利点の一つに「始期付所有権移転仮登記」ができる事があります。
この「仮登記」をすることによって、
・当該不動産が勝手に処分されるのを防いだりすることが期待できる。
・仮登記をする事によって、この不動産はあなたが貰えるものだと担保されているので安心感があります。
いくら立派な「死因贈与契約書」を作成していても、最終的に受贈者であるあなたへの所有権移転登記をおこなうことができなければ意味がありませんので、下記の点◆を全て満たす方が良いでしょう。
◆必ずではありませんが、「死因贈与契約書」を公正証書により作成する事が望ましいでしょう。
◆仮登記義務者(お父さん)が「始期付所有権移転仮登記」を申請することを承諾している旨の記載を入れる事により、仮登記権利者(あなた)が単独で仮登記の申請をすることができます。
報酬等が必要な司法書士に依頼せずに個人でも出来ます。その方法は法務局で教えてくれます。
◆死因贈与契約を執行すべき者を指定してしておく事により、所有権移転登記をする際に、相続人の協力が不要になります。
他に
□あなたの収入・お父さんから贈与されたお金でお父さんの持分を少しずつ買い取る事も出来ますが、その度に手間暇・費用も掛かります。
今後、無収入でも贈与されたお金を貯めて買い取るなら「贈与契約書」を作成し、あえて贈与税が課せられる111万以上贈与して貰い、確定申告を行い、111万円ならあなたが贈与税1000円負担する事により税金の面ではクリアできます。
「贈与契約書」のひな型も検索するとあります。
■「そのマンションをあなたが相続する旨」の法的に有効なお父さんに遺言書を作成してもらい事も良いでしょう。
手続の数だけ、手間暇と税金等の費用が掛かります。
◇「住宅取得資金贈与の特例」もあります。
詳細はs://wwwntagojp/taxanswer/zoyo/zouyo33htm
選択肢は色々とありますが、先ず、
・お父さんの年齢?
・お父さんの財産がどのくらいかあるのか大まかに調べ、相続税が課せられるのか否か、課せられるならどのくらいかを調べましょう。
(お父さんに万が一が起きた場合、多分、お母さんがいらっしゃるので、特例の適用があり、相続税は課せられないと思いますが・・・)
・「金銭消費貸借契約」を作成し、あなたが借りたとしてもお父さんがお金を出してくれる額は、マンション購入代金のどの程度か?・持分はどれだけか?を見る。
持分が半分50%くらいなら「死因贈与契約書」或いは■・◇?
持分が30%以下くらいなら□或いは◇?
具体的な数値を公開されると回答者としては、もっと実現性の高い回答が出来ると思いますが、具体的な数値を公開するには、ご質問者の方の心理的な負担もあります。(だから、ID非公開にしているのでしょう)
選択肢はありますが、お父さんの年齢は大きなポイントですので、税理士に相談される方が一番だと思います。
◆いろんな話をごっちゃにするから分かりにくくなります。
あなたがマンションを購入するのに親から資金を借りるのは1500万円まで無税です。いわゆる住宅取得資金というものです。旦那の収入が2000万以上あるとダメですが普段から援助を受けているぐらいだからこの制度を利用すればいいんです。
次に普段から資金援助を受けているということですが、どういう形で受けているんですかね。ご存知のように年間110万までは贈与税もかかりません。その都度不定期に少しずつもらっているのであれば、該当しませんよ。
◆お金を借りる金銭消費貸借契約と財産の贈与に関する贈与契約とは全くの別物ですから、同じ当事者同士で両方の契約を締結することは可能です。
ただし、あなたは現在仕事をしておらず、借入金を返済する手段(返済する原資)がありません。
お父様との金銭消費貸借契約において返済についてはどうされるのでしょう。
親族間の金銭の貸し借りで、ある時払いの催促なしといった形態では、その実態が贈与であると税務署から認定されてしまう場合があります。
贈与されたお金を原資として返済を行うことも可能ですが、返済に伴う利息はお父様の所得(雑所得)となりますから、お父様は確定申告が必要となります。
ですから、お金を借りて持ち分をあなたのものとするのではなく、お父様の出資分はお父様の持ち分としておくほうが良いのではないかと思います。
いずれ、お父様の相続も開始しますので、そのマンションの持分はその時にあなたが相続すればよい事です。
もしもマンションの取得に不安があるのであれば、お父様の持ち分をあなたに与える旨の遺言書を作成してもらうか、そのマンションに関する死因贈与契約(自分か死んだら贈与するよと言う契約)を締結しておけばよいと思います。
仕事を再開して収入があることになり、且つ、所有権を早めに自分に移転したい場合には、お父様の持ち分を分割で購入することも可能です。
◆利息について年間110万というのは間違い。年間20万を超えると貸した方が(お父さん)雑所得収入を申告しなければならなくなります。返済計画表で検索してダウンロードしてみれば元利均等返済の計画表は簡単に作成できます。また収入印紙をはるのを忘れずに。500万までは収入印紙2000円なので私の場合、500万単位で数本の金銭消費貸借契約書を作成しています。


質問タグ:贈与,利息,金銭消費貸借契約,元本,父,贈与者,死因贈与契約書

-保険料を見直す
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© マネーエージェント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.