貴方のお金のお悩みをズバット解決!

マネーエージェント

固定費を削減

【極悪】大前研一 ② おとっち 問題 本質を捉える 天才でなければ 肩を覚える ...

投稿日:

【極悪】大前研一 ② おとっち 問題 本質を捉える 天才でなければ 肩を覚える ...

大前研一 ② おとっち 問題 本質を捉える 天才でなければ 肩を覚える ...

大前研一 ②
おとっち
問題
本質を捉える
天才でなければ
肩を覚える
イシューつりー
なぜーなのか
ロジックツリー
なぜ朝活が不可か?
飯に時間かかる
yes no
1
イエス→家 で朝食をつくる必要ありなら ぜんやにつくる
ノー→外食またはテイクアウト
2
no→朝ニュースがみたい
はい→ニュースを見る必要ある
はい 別の媒体
no録画は?
飯いらない ニュースみたいわけでないでも早起ききらい
なぜ
寝る時間がー早くねる
目覚ましに炭水化物を
人の本質は成長と生存だ
そして 原動力は利益だ
その際に大事なのはデータだ
フィードバックや財務諸表
必ず、用いる
参謀としては1〜23年を見ないといけな
10〜15年後の、未来はどんな優秀な人であっても 予想は難しい
また、今日、明日の予想は
現場の指揮官に任せるべき
よって頭を発揮、すべきは2〜3年後だろう
空想に浸ること
日常業務まで口を出すのは避ける
仮に
部下が人事などに詳しく語っている様なら要注意だ
その時間、を建設的な仕事に当てるべきだ
中期事業計画を作り
全社員に目標を与えないといけない
中期計画としては
実現可能な目標値を設定せよ
あまりに現実離れした空想的な絵を描かない事
外的要因や客観的条件下
コスト見直し 競合他社、市場分析などから実現可な目標、をつくる
売り上げを予想するには 市場サイズやシェアの2つは最低予測しないといけない
また仮説を何事にもよらず明確化
して、おくと環境の変化に対応して計画を立てやすい
なにもしないでいると衰えるのは明らか
例)社長なら5年後に売上を2倍にしたい、など現実的かつ具体的な数値にせよ(原価低減と販売努力)
社員ならボーナスを15倍にするなど
コスト見直し 今の基本ケースの、原価から一定のプロジェクトを持って努力した場合 達成できるコスト減の値を見込む
全て記録をとる
例えば売り上げを100、原価を80とした場合、
5パーセント原価を削り
1割売り上げを増やすだけで粗利が32パーセント増える
比較計算は知っておく
利益とは、マージンと販売個数の積だからコストを、下げて 販売個数を上げる
その他には
新規事業への参入→多角化
新市場への転出→海外へ
吸収合併→経営力の強化
事業分離→会社を分ける
撤退→事業の切り売りから退却まで全体の為に部分放棄

これらは専門書で勉強を
、でこれらをマネジメントする際は戦略を実行する為の緻密な計画
が、いる
戦略を完全に消化して
ラインの作業命令書にいたるまで
企業の生き残り
天国と地獄を分ける要素
ボストン コンサルの戦略チームが出した
自社の4パターン
市場成長率と自社シェア率による
高引→伸びるなら投資してみよ
伸びそうにないなら撤退を
高高→シェアを守るべき
美味しい箇所なので競合他社からの目にも魅力的に見え新規参入もあるだろうシェアを守るにはコストも必要になる 市場が成熟すると現金を生み出す守るべき市場に
低高→市場の成長が止まっていても高いシェアがありキープしてるなら、いかに金を掛けずに利益を搾り取るか、が大事
過去に資金、を掛けているので設備投資があまりいらず競合も撤退しているだろう、
低低→捨てよ、コストをかけてはいけない、仮に、生産ラインが無いなら売却を、自社にとっては負け犬でも他社には自社シェアを確固たるものとする
以上だ
勿論 営業マンの営業戦略策定にも使える
これを4つから9つに拡大したのが画像だ
大半の日本国の会社はこれで成り立つだろう
言葉を、変えるならば
外的要因(市場成長率)と内的要因(自社シェア)を変数に
標準戦略を得る
外的要因としては
市場(サイズ、成長率、安定度、より細かい産業)
競合(支配率、生産能力、新規参入の難易度、価格推移)
収益(業界1位の傾向、鍵になる変数→規模か価格か)
環境(法律、社会的、組合)
会社が自由に操作できない外的変数の業界の健全性を数値化
内的要因としては
競争率(シェア)
収益力(限界利益、キャッシュフロー)
資源力(人材、原料確保)
技術力(品質、マニュアル、独自の強み)
販売力(宣伝力、固定顧客、ブランド)

ボストン コンサル,コスト,変数,自社シェア,原価,富士フィルム,KFS

-固定費を削減
-, , , , , , ,

Copyright© マネーエージェント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.