貴方のお金のお悩みをズバット解決!

マネーエージェント

家賃を下げる

【損得】マイホームを建てたいと思っています。 予定では5年後ぐらいを考えて...

投稿日:

【損得】マイホームを建てたいと思っています。 予定では5年後ぐらいを考えて...

マイホームを建てたいと思っています。 予定では5年後ぐらいを考えて...

マイホームを建てたいと思っています。
予定では5年後ぐらいを考えていたのですが
低金利ということと、近い将来消費税が上がることを考えると
今から考えはじめて1年後完成を目処に計画し てもいいのでは?とも思いはじめています。
しかし結婚してまもないため
貯金は少なく、今の貯金と1年後まで頑張って貯めて400万円ぐらいにしかならないので
諸費用を手出しして、あとは貯蓄として残したいので
頭金はゼロになると思います。
もし、2000万円のローンを組んで、35年返済とすると
現在の金利、5年後の予想金利でどれくらいの差が出ますか?
また、消費税が8%と10%だとどれくらいの差が出ますか?
こういうことには無知で、、、すみません。
詳しい方、分かりやすく教えてくださいm(_ _)m

アンサー

①確実な予想は無理ですので、過去の推移で考えてみましょう
低金利で有名なSBIを例にすると10年固定の金利は、
今年7月 066%
1年前 05%
5年前 14%
7年前 2%
これを見ると、「既に底を打って反転し、年01%は上昇する」と予測しても、それほど外れはないかと思います。
仮に試算すると、
2000万を066%→2240万
2000万を066%+5年で05%上昇→2435万
約200万の差です
(ただし、この手の推移は銀行によって違いますし、同じSBIでも金利タイプが異なれば変わります。10年固定を例に使ったのは、目玉商品だからに過ぎません。
また、金利上昇の影響がトピックだったので、あえて無視しましたが、10年固定で35年同じ金利にはなりませんから、総額の差だけを見てください)
②消費税は、全体でみれば小さな話です。
これくらいは自分で計算しましょう
③触れられていませんが、「人口減少により土地が安くなる」と主張する人もいます。が、5年では望み薄でしょう。
第一に、起きるのは人口の二極化です。人気の地域には人口が流入し続けるでしょうから、むしろ上がりかねません。
第二に、空き家だからといってすぐに転用はできません。
相続でもめたり、所有者がボケたり、遠方にいて面倒くさがったり。
休眠口座と同じく、簡単には解決しないでしょう
オリンピック絡みの価格高騰についても、オリンピックが終わったからといって、劇的には下がらないでしょう。
彼らも商売ですから、せっかく値上げしたものを、簡単に下げるとは思えません
④以上は所詮は予測に過ぎません。ですが、遥かに高い確度で確実に言えることもあります。5年間の家賃です
もし月8万なら、5年で500万をドブに捨てます。
これは、ご質問者が引っ越さない限り、ほぼ確定的。
ちなみに頭金を貯めても、この損は取り返せません。
①で書いたように、2000万の利息は精々500万ですので、500万の家賃を取り返すには頭金2000万要ります。現金一括購入ですね。それができるなら、今こんな質問はしていないでしょう?
厳密にいえば固定資産税なども絡みますが、それこそ金利上昇を考えると枝葉末節。さしあたりの目安としては、
「5年分の家賃に相当するメリットが、何かあるのか」
を軸に考えると良いです。
◆皆さん、結構厳しい回答をされていますので、柔らかい回答にしますね。
結婚したばかりで、マイホームを夢見る事自体、悪い事ではありません。 むしろ、正常な姿でしょう。
しかし、結婚して間もない場合、色々な想定外の事が出て来ますよね。
例えば、子供が出来たとか、旦那さんの仕事が首になったとか、将来、奥さんか、旦那さんの親と同居しなければならなくなったとか、究極、離婚しそうだとか・・・
予期しない出来事が次々とあるもので、落ち着いて物事を進められませんし、まして、何十年もローンに縛られる事など、自殺に等しい事です。
そういう意味で、5年先でも十分ですし、まだ早いかもしれません。
夢は夢の間が美しく、現実買ってしまうと、後は古びるだけですから・・・
それまで、シッカリ財布の紐を握って、貯蓄に勤しんでください。
まず、良い奥さんになりましょうね。
◆住宅購入には「内的要因」と「外的要因」が重要だと言われています。
内的要因:住宅を購入するための準備(資金、ライフプランなど)ができていること
外的要因:金利や税金などの状態
正直なところ、今のあなたに内的要因がきちんとあるとは思えません。
むしろ、外的要因を気にするあまり、準備がきちんとされていないのでは?
その理由が、「無知で・・・」です。
家を買おうとして無知なんてありえないんです。
消費税と8%か10%かなんて計算すればすぐにわかるはずです。
むしろ、
この2%の差によって、不動産市況が大きく変わるかもしれない。
建物代金にしか消費税はかからないから、建物の質を変えれば大きく変わるかもしれない。
人件費の増減で建築費も変わるかもしれない
そうなれば、2%差なんて吸収するかもしれないし、住宅ローン減税などの制度が変わるかもしれない・・・・。
5年後の予想金利?
そんなの計算できれば、みんな大金持ちですね。
売る方は、外的要因だけを売り文句にすればいいけど
実際には、きちんと準備できている人にとって外的要因は重要だけど
内的要因すら準備できていない人は外的要因がどんなに良くても買うのは危険です。
実際、そういう人たちが破綻しています。
◆こんなのは、誰もわかりません。
しいていえば、消費税は、家にかかるもので、土地にはかからないので、2パーセントかける家の代金ですね。
まあ、どちらかと言うと、数年後に不況が来るので、収入を維持できますか?結婚してまもないと言っていますが。そうとうわかいなら、別ですが。いまは、2年以内に子供を作るのが多いかと。
こどもいても、ろーんを支えられますか?
そっちを考えるのがさきかと
◆予想金利。。。。
そんなものカンタンに予想できたら誰でも大儲けできちゃいますね
先のことは誰にもわからない、ってことをまず肝に銘じてください
それと、元々の計画では5年後に購入したいという何らかの理由があったんですよね
それを早める理由が金利や消費税っていうのは、いかにも胡散臭い言葉にカンタンに踊らされるタイプなんだろうなと思いました
今買えば安く済む、なんて、だーれも断言できません
根拠のないギャンブルに乗っかって、5年後だった計画を1年後に早めようなんて、失礼な言い方になりますけど、馬鹿だなーとしか思えません


質問タグ:頭金,貯金,諸費用,マイホーム,まもないため,要因,消費税

【マル秘】オークションで、古い電話帳って売れるモノなんでしょうか?

オークションで、古い電話帳って売れるモノなんでしょうか?

オークションで、古い電話帳って売れるモノなんでしょうか?

アンサー

「売れるモノ」というのは「売ることができるモノ」なのか「高額で取引されるのか」なのかわかりませんが、後者と判断しますと、その年代や地域によっては売れると思いますよ。
芸能人の実家、ゴーストタウンになった町、などなど。
例えば北海道夕張市は昔炭鉱が栄えて人口が12万を超えていましたが、今では1万五千、その違いを調べたり、今はなき会社など歴史を知るのにも面白い。そう思う人がいると思うので、買う人は買うでしょうね。でも安いと思いますよ。


質問タグ:古い電話帳,オークション,北海道夕張市,ゴーストタウン,昔炭鉱,後者,芸能人

【効果あり】消費者金融(プロミスなど)から借入があると車や家のローンは組めませ...

消費者金融(プロミスなど)から借入があると車や家のローンは組めませ...

消費者金融(プロミスなど)から借入があると車や家のローンは組めませんか?

アンサー

延滞もなにも無く、ちゃんと返済しているという状況でよろしいですか?
であれば家のローンは難しいかもしれませんね。
車でしたら通る可能性は高いです。
もちろん借り入れの金額によりますが。
でも通るとしても辞めたほうが良いです。
消費者金融からお金を借りる状態の人が、車や家、その他ローンを組むべきではありません。
◆少なくとも銀行は嫌がります。
◆はい無理です。全て完済して0にしないと特に消費者金融はアウトですから完済して信用情報機関を開示請求して契約が消えてから住宅ローンは申し込みしてください。消えるまでは数ヶ月かかりますからご注意を!
◆車のローンは、銀行のカーローンで、ローン金額が高額の場合は、審査時に多少不利になる可能性がありますが、それ以外のカーローンは、返済状況が良好なら、大きな影響を与える可能性は低いと思われます。
住宅ローンは、かなり不利な影響を及ぼす可能性が高く、審査否決になる可能性があり、場合によっては完済する様に指示されることもあります。
◆カテマスさんが仰ってるようにローンは一切組めません。
マイナス要素でしかないので。
銀行はサラ金を特に嫌います。
◆いや、消費者金融に借り入れがあると先ず住宅ローンは通りません。
車のローンも否決か連帯保証人間違いありません。
申し込むならプロミス完済後にする事をオススメします。


質問タグ:消費者金融,プロミス,ローン,住宅ローン,カテマス,可能性,カーローン

【完全版】住宅ローン変動金利から固定金利について 現在地方銀行にて変動金利の...

住宅ローン変動金利から固定金利について 現在地方銀行にて変動金利の...

住宅ローン変動金利から固定金利について
現在地方銀行にて変動金利の借り入れ事前審査通過し、建物の契約が終了しました。
これから本審査になる状態です。
これから夢のマイホームという事 で希望でいっぱいな訳ですが変動金利という不安が色々と残っています。
現在年収500万、借り入れ3500万で借り入れをお願いしており、自分単独での住宅ローンです。
既婚、子供有り。世帯年収は700万ちょっとです。
金利0775保証料内枠方式で0975で毎月99500円ほどになります。
もともと頑張っても10万という区切りが自分自身強かったので契約時に返済額をみて納得した面もありますが、変動ということで内心かなりビクビクしております。
最初の自己資金の現金は、これから子供の事や自分の仕事の事である程度お金を手元に残したかったので、100万円ほど+外構工事代、引っ越しや揃えなきゃいけない家具等の分しか考えておりませんでした。
深く考えていないのか、嫁はそれほどビクビクしておらずもし何かあって家計が苦しくなってもお互い今以上に働けばいいって感じです。
今の賃貸家賃から2万ほど上がるしそれから固定資産税、その他色々と出費がかかると思っています。
考えすぎかもしれないですが今後の金利の変動によっては不安がかなり自分の中であります。
今後の話になりますがまだ引き渡しも終わってないですが変動金利で契約後すぐにフラット?固定に変える事ってできるんでしょうか?
また同じような状況だった方や詳しい方、アドバイスください。
前回フラットにて否決になり、今回変動にて事前通過したため
営業マンの方にはかなりゴリ押しされ契約の流れになりました。
物件については自分も気に入っているので是非購入したいのですが、ご意見アドバイスもらえたら助かります。
許容範囲の10万以内で収まっていますが、今後あがって破産するくらいなら固定にして月1万円くらいあがって安心できたほうがマシと考えてしまいます。
よろしくお願い申し上げます。

アンサー

ハッキリ申し上げて、まず前提として将来の金利の事は誰にも分かりませんし、責任もとれません。
その上で個人的な意見として書かせていだきます。
まず、金利が上がるかも、という事についてですが、随分楽観的な考え方をする方だなぁ、と思います。
どういう事かと言うと、
金利が上がる局面って世の中の経済状態がどうなっている時でしょうか?
分かりやすく言うと景気が良い時です。
モノが売れ、モノが売れるから企業が潤い株価も安定、給料も上がるので購買意欲も高まりさらにまたモノが売れる・・つまり、世の中をサラサラ血液のようにお金がグルングルン流通してる状態です。
ちょうど高度成長期の時のような状態でする。その時、日本一安い住宅金融公庫が55%でした。
ちょっと何年か定期にして転がしておくと解約時に倍になってた時代です。
現在はどうでしょうか?アベノミクスとやらで多少株価は安定し企業の成長もありますが、
ほとんどの人達は余剰金を預金に回します。子供の教育費や先行き不安だからです。
特にあなた方の祖父母の世代は貯め込んだままです。つまり、世界一預金を持っている日本の国民性を健康診断でいうと、ドロドロ血液の生活習慣病です。
いいですか、
景気が悪いままで金利だけが上るなどという矛盾は起きません。逆もまた然りです。
だから、冒頭で楽観的だと申し上げました。ではこれから景気は良くなっていくんでしょうか?じいちゃんやばあちゃんが孫のために貯金を使い・・
晩婚化、未婚化で出生率は下がり続け、人口の自然減で内閣府の予測だと約10年後には3人に1人が65歳以上になり、50年後には人口は韓国並の8000万人台になるんだそうです。
金利が自由化になり、日銀がゼロ金利政策をして尚営業マンはこう言います。
「今金利が安いのですよ!借りるなら今です!今は底打ちしてます」と毎年毎年言い続けた何年経ったんだ?
10年?20年?
バブルよ、再び!ってか?
さて、
変動金利は、皆さん
「上がったらどうしよう(汗)」
というような危険性を心配されます。
でも何故か「上がらないかもという危険性」については怖がりません。
どういう事かと言うと、上がると嫌なので最初から固定金利で借りました。
さて
安い水準とは言え変動金利よりは高い金利で支払う事になります。
やがて5年が過ぎ、10年経っても相変わらず低水準のままで、自分は固定金利を選んでいたために、変動金利で借りてた人に比べかなり多めに支払う羽目になった・・という危険性です。
(まぁフラットも固定金利といっても安いのは最初だけで、途中から上がるというのを知らない人がいて呆れた事ありますが)
私には、10年前にフラットから銀行に借り換えた同僚が何人かいますが、
「危険性は両方にある」と心得て下さい。
とは言え、仮に11年目から上がっていき15年後にはついに変動金利が固定金利を追越したとします。
やったーっ?
いえいえ、いままで多めに払ってるわけですから「今迄の金利差損を取り戻し始めた」に過ぎません。
そうこうしてたら早20年経ちました。
・・私なら?
もうその頃には間違いなく繰上げ完済しています。
私にはこの先、高度成長期とはいかないまでも、政府の成長戦略とやらが奏功してくれる(金利が上がる)などとノーテンキにはどうしても思えないので。
責任?
そりゃとれません。
ローンはあくまで自己責任ですから。
◆オマケ、
一つだけいい話し(^ ^)
2万上ると書いていましたが、家を建てるとそれ以上にあなたの給料の手取りは増えます。
何故か?
ローン控除がありますので少なくとも10年間はこれまで払わされていた所得税(&住民税)が減額されるからです。
じゃあ、11年目以降は?
さすがに10年も経ってりゃホントに給料があがってるでしょう。
もし太陽光を載せてる家なら光熱費だって下がるのでは?
木を見て森を見ず、という諺がありますが、
電卓片手にローンの多寡だけに一喜一憂するのではなく、
家を買った結果の「家計の収支」で考えないと落とし穴にはまります。
◆借入額や子供3人という事を見れば、年収1000万円(養育・教育費がかかる頃には)は必要かなと思います。
それくらいを目安にした方が良いです。
世帯年で見ても1000万円以上は少ない借入額の方が良いと思うくらいなので。
正直、、、固定か?変動か?で迷っていられるほどのんきな借入とも余裕があるとも思えません。
それを考慮するとしたら、私は全期間固定の方が良いと思います。
確かに変動の方が金利は低いですが、現在の状況から見ても余裕のある借入額には思えない為、本当に万一金利が上がるような事があれば(上がる上がると言われ続けても下がっている状況であっても)、返済が厳しくなるのは目に見えています。
そもそも変動金利でさえ、06%前後が多い中、保証料内枠方式で0975%というのが高めであり、それだけの信用しか得られなかったとも取れると思います。
なぜ、保証料を一括で払っていないのでしょう?
02%も上がるというのに、それを現金で出すほどの余裕もなかったのかというのも気になります。
その状態で、少々キャパオーバー気味の借入額をするのですから、何よりリスクを減らした方が良いと思いました。
旦那さんが、不安があるようなら尚更だと思います。
変動と固定の金利による返済額の差は、確かに少なくないモノだと思いますが、今後子供にもお金がかかってくる中で、「とりあえず返済額は変わらない」という安心を得る保険と思えば、高くないと思います。
変動は、金銭面で余裕が持てる人に向いているものだと思います。
余裕があやふやな状態で先が見えないものはリスクが高いでしょう。
金銭面、仕事面、精神面に不安が残るなら、まずは固定が良いのではないでしょうか。
その上で、余裕が出れば繰り上げ返済や教育費の段階、経済状況で変動に変えるのも良いと思います。
借入かる事は出来ますが、それにも手数料がかかります。
今から、フラットや固定の審査が間に合えばそれが一番良いのでしょうが、どれほどの時間が残っているのか。
ただ、これから本審査という事なら、その銀行や他の銀行で間に合うのではないか?とも思います。
不動産屋を通さなくても相談くらいは出来ると思いますから、まず銀行に確認を取っては如何でしょうか。
◆ちょうどぴったり、破綻するギリギリラインです。
イメージしやすいように、単純なモデルケースと比較します。
一般に
「こどもふたり+車1台+マイホーム(3000万ぐらい)を持つには、30歳で年収600万+退職金や貯蓄が2000万」
が最低ライン。
(根拠も示せますが、冗長なので割愛します)
ご質問者の場合、
年収差が100万(生涯手取りにして約2500万)
こども三人(学費+1000万)
住居が高い(500万+利息100万)
退職金や貯蓄が不明(仮にゼロなら2000万差)
よって、6000万ほどの赤字です。
妻が手取150万で30年働いても、+4500万。1500万足りません。
進学に積極的でないことや、貯蓄が不明なことを考慮しても、月々5万程度の収入アップして、ようやく「一般的な質素な生活ができる」レベルです
「やってやれないこともない」ラインにも思えますが、生半可な覚悟では無理でしょう。
たとえば毎月10万近く自動積立するとか、それぐらいの生活感覚で考えてください
住宅ローンを1000万程度減らしても、誤差でしかないケースも意外とありますが、ご質問者の場合、死活問題になりかねません。まずそこまでするほど、魅力的な物件かは落ち着いて考え抜きましょう
また変動は自殺行為です。
「固定+ペアローン+保証料は借入上乗せ(前払を選んで借入を増やす)」、これは必須です
まず「好景気にならなければ金利は上がらない」、これは嘘
なぜなら今の超低金利は、日銀に多大な負担をかけているため。
いきなりバブル並みに上がることはないにせよ、2%程度まで上がっても不思議はありません。かつては2%でも、低金利と呼ばれていましたしね
これは消費税増税に似た話です。「好景気にならなければ増税はない」、確かにこれは正論ですが、現に5%、8%と上がりました。上げないと国がもたないからです
よって景気がよくならなくても、「これこれの基準においては改善した」と強弁して金利アップ、消費税増税されても何ら不思議はありません
実際、固定金利はじわじわ上がっていっている現状を見て、「上がるはずがない」は楽観的すぎ。借入にもよりますが、年01%上昇するだけで10年後には変動金利だと100万単位の不利になります。ご質問者に、これを許容する体力はないはずです
◆>固定にして月1万円くらいあがって安心できたほうがマシと考えてしまいます。
だったらその分を貯金しておいて金利上昇に備え安心するって方法もあるのでは。
金利上昇に対応できず破産するくらいなら固定金利とて大差ないと思います。
◆普通にやりくりは厳しいと思いますが。
お子さんも何人かわかりませんし教育方針も不明ですが、2人以上いらっしゃって大学や専門学校までいかせようと思っているのなら全く余裕はないでしょう。
あなたの収入以外の所得200万は奥さんですか?定職つかれていて辞める予定がないのなら大丈夫かもしれませんが・・・
お子さんのことを思うと働き続けるのは難しいかもしれませんよね。
年齢もよくわかりませんが、まだ二十代で年収の増加見込みは十分あるのでしょうか。
自分は20代後半で年収500万ちょいのときに3000万の借入をしました。
固定と変動のMIXで月々7万円ほどの支払いです。万が一と子どもの教育資金として数百万は残しています。
それでも不安です。数年後、嫁はパートに出るでしょうし、昇給もある程度あるでしょうが、余裕ではないです。
変動金利が上昇した場合には貯蓄から前倒し返済して月々の返済負担を減らす予定です。普通、変動で借りる場合は金利上昇時にはそうやって前倒し返済できる様にすべきです。なので、余裕がない分は固定で借りています。
フラットや固定に切り替えることは可能でしょうが、その分金利が増加します。変動よりも固定金利が先に上昇するので、損きりができないとどんどん金利上昇します。
そして家を手放すという典型的なケースです。
やめた方が良いです。


質問タグ:変動金利,外構工事代,本審査,契約,何人か,住宅ローン変動金利,変動

-家賃を下げる
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© マネーエージェント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.