貴方のお金のお悩みをズバット解決!

マネーエージェント

質屋で物を売る

【コラム】鑑定書が無いダイヤモンドプラチナリングについて 刻印がpt900、0.7...

投稿日:

【コラム】鑑定書が無いダイヤモンドプラチナリングについて 刻印がpt900、0.7...

鑑定書が無いダイヤモンドプラチナリングについて 刻印がpt900、0.7...

鑑定書が無いダイヤモンドプラチナリングについて
刻印がpt900、075とあり、家庭用スケールで4gです。
2008年くらいに質屋で見積もりが7万5千円と言われました。 使う機会はほとんどなく売るか迷っています。
オークションのが高いかなぁとか考えています。質屋とどちらがいいかまたいくらぐらいで今なら売れるでしょうか?

Pt900,質屋,鑑定書,無いダイヤモンドプラチナリング,見積もり,グレード,ダイヤ

アンサー

PXEのエラーが出ているようですから
ほとんどの場合、これはHDDの故障を示唆しています。
PXEは、内蔵ネットワークアダプターを使って
ネットワーク上のサーバーから
OSを取得して起動する機能に関するものです。
シンクライアント運用などで役立つ機能ですが
一般家庭で使われることはほとんどありません。
ですから、PXEブートを使う設定が行われていたなら
PXEブートのためのサーバーにつながらないという問題で
ゆえに「LANケーブルチェックしろ」みたいなメッセージも出ます。
でも、実際は、起動デバイスとして、優先順位の高いHDDや
光学ドライブ,USBメモリーなどから
有効なブートコードが発見されなかったため…
最後にPXEブートを試みて、ダメだというエラーが出ていると考えられます。
つまり
PXE「HDDはもう死んだ、だからオレが来た、だがオレができることは無いようだな」
という状況の可能性が高いわけです。
リカバリーシステムがHDDに入っている機種であれば
それができるかどうか、操作を試しましょう。
リカバリーシステムはWindowsの機能では無く
「Windowsのクリーンインストールが煩わしすぎるため」
仕方なしに、PCメーカーが独自整備した機能ですから
PCメーカーによって、また機種や世代によって、呼び出し手順が違います。
説明書は、ネットでも見られるメーカーが多いので、説明書で確認するか
正確な機種名を確認した上で、ググッてみるしかありません。
リカバリーシステムが呼び出せないなら、たいていはHDDの致命的な故障を意味し
Windows7時代のPCなら、買い替えを検討することになります。
HDD換装自体は、汎用のHDDやSSDを買ってきて、自分で換装すれば
一万円もかからないで済んだりしますが…
リカバリーシステムを失ったことによって、Windows環境を
再構築できなくなってしまう場合が多く、これが買い替えの要因になります。
そのくらい、Windowsは単品で買うと割高だからです。
リカバリーディスクやインストールディスクがあるなら、それで起動して
HDDへのアクセスを試してみましょう。それが正常にできるなら
単なるHDDのブートコードの破壊だけの問題かもしれません。
そういう問題が起きること自体が、かなり異常なことですが
たとえば、マルウェア感染でブートコードが破壊され
そのまま放置していたPCであれば、一応設定はなりたちます。
マルウェアの除去を兼ねて、OSを0から入れなおせば済みます。
リカバリーシステムや付属ディスクなどが無い場合は
一応、PCメーカーからリカバリーディスクが買える場合がありますが
Windows7搭載製品の初期のものは、すでに修理部品の保有期間を終え
リカバリーディスクの購入も受付終了になっている場合があります。
Windowsの中古入手は、ネットオークションやネット通販では
不当な出品が横行していて、安心して選べる出品がほとんどありません。
ライセンス違反しかできない円盤が届く場合もあれば
商品説明と違う、あからさまな海賊版が届く場合もありますし
最悪、金を振り込んでも、何も届かない場合もありえます。
不当な出品をしている相手に、信頼性などあるわけも無く
問題無いように見える出品でも
説明が嘘であれば、確実に見極める方法は存在しません。
そして、ある程度信頼できるはずの大手業者は
中古Windowsや、その他中古ソフトを扱っていません。
少し前にあったWindows10への無料アップグレードを受けていれば
Windows10のインストールディスクがダウンロードできますが
受けていなければ、すでに打つ手は無いかもしれません。
ただ、普段使いはスマフォで充分で、たまに
大画面でネットや動画を見たくなる程度の用途であれば
無料配布されているLinux系OSを使って
HDDが壊れたままでも、それなりに使える場合があります。
Linux系OSは、もともとはMicrosoft社やApple社が無かった1970年ころから
コンピューター産業を支えてきたOSの一つであるUNIXを原点としていて
1990年代に、ヘルシンキの大学生が
「自分のパソコンも大学のUNIXのように使いたい」と
趣味で作り始め、インターネット上の協力者やGNUの力を得て
汎用性の高いOSとして成立したものです。
1990年代後半には、デスクトップOSとして使う人もいましたが
どちらかというと、サーバー用や組み込みOSとしての成功が大きく
インターネット上のサーバーの多くがLinux系OSですし
ルーター装置,NAS装置,デジタル家電など、それにAndroidスマフォの基礎部分として
Linuxの成果に、触れたことの無い人はほとんどいないはずです。
反面、デスクトップOSとしては、Windowsのシェアが非常に大きく
そのOEM販売戦略の強固さから、発展が遅れたLinux系OSは
導入のきっかけを得る事自体が、ほとんどできませんでした。
このように、付属OSを失うような場合や
Microsoftに愛想をつかしたような場合くらいしか、きっかけがありません。
ただ、そのためOEM供給がほとんど無く、Linux系OSの発展は
より手軽に、より多くのパソコンで動くようにする方向に向かい
付属OS以外のOSを導入する場合は
Windowsよりも簡単に導入できるくらい、簡単に導入できる場合もあります。
添付写真からは、特定できませんが、たぶん2011年ころのdynabook Tシリーズで
少数ながら、このへんの機種でも、Linux系OSが
問題無く、自動認識任せで使えるような例はあるようですから…
Linux系OSで動く可能性は高いと思います。
(Vista,7世代のPCだと、たいていは動くんですけどね)
Linux系OSはOSSの、誰でも使えるだけでなく、誰でも改変して再配布できる性質から
市販品もありますが、機能制限を受けることなく、無料配布も盛んに行われています。
多様化が激しく、最新ながら20世紀のパソコンで動く超軽量OSも配布されています。
多様さの広さから、USBメモリーによるインストールディスクで
FirefoxでYouTubeを利用するくらいのことはできたりしますし
インストール先をUSBメモリーに指定することもできます。
もっとも、光学ドライブやUSB20接続のものだと、ストレージデバイスとしての性能が低く
起動時間は長く、追従性は悪くなる傾向が強く、推奨とは言えません。
HDDが壊れていなければHDDに導入してもいいのですが
HDDを、あえてSSDに換装して、Xubuntu1604LTSのような軽量版OSを導入すれば
3,40秒で起動しYouTube再生ができる始められるくらい軽快に動く場合もあります。
◆回答ありがとうございます。
恐らくリカバリーはできたんですが今度は同じ文字が出た数秒後に画面が消えて白のカーソルが残った状態になっています…
もうダメでしょうか?
◆BIOSでBOOT の優先順位をHD を一番にしてから F10キーを押してみてください。できればリカバリする前がよかったんですが。
◆メーカーロゴ表示中にF2連打。
BIOSでHDD(SSD)が認識されているか確認。


質問タグ:パソコン,Windows10,Windows7,リカバリーシステム,dynabook起動後画像,PXEブート,リカバリーディスク

-質屋で物を売る
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© マネーエージェント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.