貴方のお金のお悩みをズバット解決!

マネーエージェント

OCN モバイル ONE

【緊急】ocnモバイルoneからラインモバイルにチェンジしようかと考えているの...

投稿日:

【緊急】ocnモバイルoneからラインモバイルにチェンジしようかと考えているの...

ocnモバイルoneからラインモバイルにチェンジしようかと考えているの...

ocnモバイルoneからラインモバイルにチェンジしようかと考えているのですが通信速度等スペックが心配です。ラインモバイルのsnsデータフリー機能以外でocnにスペックで勝ってる所はありますか?やはりocnより速度は 目に見えて落ちるのでしょうか?

アンサー

LINEモバイルはソフトバンク回線の方が良いと思います。ドコモ回線特有の混雑に対する弱さは、ソフトバンクの方がマシかと思いますよ。特にラッシュ時間帯の地下鉄トンネル内走行中は差が出るかと思います。
契約容量内で高速の場合は、LINEモバイルの方が勝る可能性ありです。特にソフトバンク回線が今は混み合わないでしょうから、優れる可能性ありですね。今後は変化すると思いますが、ソフトバンクの傘下に入ってしまいましたので、ソフトバンク回線を選んでおく方が良いと思います。(ソフトバンクでカウントフリーは秋の提供予定)
低速の場合は、さほどメリットは無いと思います。カウントフリーの範囲は明らかに勝りますが、それ以外だと、特に速度規制時に最初の150KBだけ高速で利用できるOCNのブースト機能は結構効きますので、正直言ってSNSを利用しないなら、LINEモバイルを選ぶ価値を見いだせない気がします。
SNSカウントフリーをどれだけ有効活用できるかで、LINEモバイルの価値が決まってくるのではないでしょうか。ただし、ドコモ回線はもうお薦めしません。いずれサービス自体が無くなる可能性もあると思います。ソフトバンク回線のカウントフリーはもう少し待たされますので、微妙な時期ですね。


質問タグ:スペック,LINE,snsデータフリー機能以外,OCNモバイルONE,ソフトバンク回線,はりocn,カウント

【日記】『埼玉県が2011~14年度で22%もCO2を削減! CO2は減らせる!? 』2017/...

『埼玉県が2011~14年度で22%もCO2を削減! CO2は減らせる!? 』2017/...

『埼玉県が2011~14年度で22%もCO2を削減! CO2は減らせる!? 』2017/5/18
「対象企業608事業所によるCO2削減の88%は、事業所自らが照明をLEDに切り替えたり、燃料を重油から都市ガスに替えるなどの効果」
※LEDもガスも価格が下がり、これら無理のない省エネ活動は、むしろ企業の重要な利益改善活動になっている

(1)首都圏でもCO2削減がこれほど大きく進むなら、日本のCO2は政府目標よりももっと大幅に減らせるのでは?
※地方では、首都圏とは違い、電力需要が少ない上に、太陽光/陸上風力/バイオマス/廃棄物/地熱発電などにより、再生エネの比率を大幅に伸ばせる

(2)日本のCO2排出量を最も早く最も大きく減らす方法は、実は「原発を即時に全て廃止宣言すること」では?
◆原発を即時に全てを廃止宣言すれば、
・総発電量の85%を占める火力の更新/転換が進み続け、燃料費もCO2も大幅に減少
・LNG火力は、原発や石炭ではできない出力調整が容易なので、再生エネの出力変動を調整でき、さらに大幅な再生エネ拡大が可能になる
・LNG火力と再生エネで、再生エネ比率50%が可能になる
・・・
『埼玉県のCO2削減目標設定型排出量取引制度、第一期(2011~14年度)22%削減を達成。排出量取引は不活発』2017/5/18 RIEF
「埼玉県は、2011年度から実施している県内の大規模事業所を対象としたCO2排出量削減の「目標設定型排出量取引制度」の第1計画期間(2011~14年度)で目標を約3倍上回る22%の削減を達成した、と公表した。削減量は780万トンで基準排出量に対し、削減率は目標の約3倍の22%。事業所の1割強は排出量取引を活用して目標を達成した。
同県は県内の大規模事業所(エネルギー使用量が原油換算で3年連続で1500kl以上)のCO2排出目標として、第1計画期間は工場等が6%削減(05年比)、オフィスビル等が8%削減、第2計画期間(2015年~2019年度)はそれぞれ13%削減、15%削減の目標を掲げている。
対象事業所のCO2排出量は、県全体のCO2排出量の4分の1に相当する。今回対象となった第1計画期間の対象は608事業所。その結果、工場等は目標を大きく上回る22%削減、オフィスビルも同様に22%削減となった。削減量は両方合わせて780万㌧。削減量は岩手県の面積とほぼ同じ150万haのブナ林が1年間に吸収するCO2量に相当する。
対象企業によるCO2削減の88%は、事業所自らが照明をLEDに切り替えたり、燃料を重油から都市ガスに替えるなどの省エネ、節エネ措置によって削減した。それに加えて、排出量取引を活用したのは66事業所。取引の平均価格は排出量1㌧当たり300円で取引されたという。このうち、森林による吸収や再生エネルギー事業による削減分を価値化するオフセットクレジットを取得した事例は3事業所。
県は温暖化対策が優れている事業所については、「トップレベル事業所」に認定、目標削減率を2分の1に緩和する制度を導入しており、今回。レンゴーの八潮工場(八潮市)を選んだ。また準トップレベル事業所(削減率を4分の3に緩和)には、曙ブレーキ工業のAi-City(羽生市)を選んだ。
また各事業者が温暖化対策の設備投資をし易くするため、「環境みらい資金融資」として、設備投資に県が利子を補給し、金融機関から低金利、長期固定で融資を受けられる仕組みを設けている。」
・・・
◆かつて総発電量の30%近くを担っていた原発のほとんどが停止しているのに、
・CO2排出量
原発がフル稼働だった震災前と同じレベルまで、たった6年で劇的に下がってしまった
・原油消費量
原発がフル稼働だった震災前に比べて、なんと1/2に減少してしまった
・燃料費
劇的に減少して震災前のレベルに戻ってしまった
・電力供給
日本史上かつてないほどに、電力供給設備があり余っている
※原発を再稼働しなければ、あと数年で4650万kWの石油火力設備のほとんどが不要になる。それほどに余っている。
◆主要因(2010年比)
1)老朽火力の更新/転換
LNG火力を中心に、約2000万kW規模(原発25基分)が新設・稼働開始!
※石油からLNGへ:燃料費もCO2も1/2になる
※石炭からLNGへ:燃料費は同等でCO2は1/3になる
※LNGからLNGへ:燃料費もCO2も30%減少
2)再生エネの急増
太陽光を中心に、約3500万kW規模(ピーク時原発35基分)が新設・稼働開始!
※太陽光が増加した分、同じピーク電源の石油火力が不要になる
※発電コストは太陽光よりも石油の方が高いので、国レベルの総コストは下がる。再生エネはFIT賦課金で国民に押し付けているので、その分は、実は石油消費を減らした電力会社の利益になる
3)需要の減少
・電力10社最大電力需要:原発37基分減少
・関電と東電の販売電力量:20%以上減少
4)原油とLNGの輸入単価の下落
2年前に比べて約半額に下がった。背景には数百年に一度の「シェール革命」があり、供給増で天然ガス(LNG)の価格は今後も長期に低迷する

CO2削減,CO2排出量,再生エネ,LNG火力,曙ブレーキ工業,二酸化炭素増加,再生可能エネルギー発電

-OCN モバイル ONE
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© マネーエージェント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.